ブログトップ | RSS | Blog Top |

オシャレな映画・・・スタンリー・キューブリック編   

a0023548_19562718.jpga0023548_19564416.jpg自分の書いたオシャレだと思う映画にトラバ。とにかくこいつはやられたって思ったのがスタンリー・キューブリックのこの2作品。音楽のセンスといい、映像のセンス、そして美術的なセンスなど、どれをとっても半端なく素晴らしいって思ったね。

まず時計仕掛けのオレンジ・・・これに関しては邦題のタイトルのセンスも素晴らしいね。すごくいい響きじゃない?時計仕掛けのオレンジって原題はClock's work orangeだったと思うんだけど、どっちにしてもタイトルの雰囲気がかっこいいよね。ってこの画像見ると手首に目玉の親父が(笑)




あと時計仕掛けは主演のマルコム・マクダウェルの快演もすばらしい。女をレイプするシーンでの
Singing in the rainはアドリブだったらしいんだけど、あれはほんとインパクトあったなぁ。
あとあの映画でのファッションもほんとオシャレ。ミルクバーの内装もいかれてるけど、ほんと
美しい。天才だよね。

そんでもって2001年宇宙の旅。あの最後のスターチャイルドとか石版と猿とかうちには理解できない
世界も多々あったんだけど、でも宇宙空間や宇宙船の内装とかはほんとに60年代にとられたものなの?
って疑うほど洗練されてて美しい。彼はシンメトリーの美しさを映画内でよく使ってて、そういう美しさも
ほんとに素晴らしかったなぁ。2001年宇宙の旅はほんと衝撃を受けた映画のひとつだね。
こんなにセンスのいい人がいるんだ~ってほんとびっくり。内容はよくわかんないけど、ほんと
最高にかっこいい映画だったことにはまちがいないね。キューブリックは抑えておいて損のない
監督だと思うよ。
[PR]

by Kurt. | 2004-10-25 20:11 | Cinema | Top |

<< 震災の真実 うちがオシャレだと思った映画。 >>