ブログトップ | RSS | Blog Top |

CASSHERNのDVDみたよ   

a0023548_12463876.jpg宇多田のだんなの紀里谷初監督作品のCASSHERNをみた。
目当てはもちろん麻生久美子(写真の人ね)
映画の内容は・・・・ビデオでよかったねってレベルで、
けして誉められるようなものではなかったんだけど、
彼が言いたかったメッセージはとても大切というか
普段の生活ではたぶん気づかないと思うんだけど
そういう上に人間ってのは成り立ってるんだよってことを
改めて認識させられたっていう感じ。



はっきりいってストーリーはめちゃくちゃ。うちの認識不足かもしれんけど、説明不足なとこが多々あって、
なんでそうなったの?っていうのがわかんないとこが多数あったりして、微妙だったよね。
あとは格闘シーンとかへぼへぼだった。CG使ってるんだけど、全然迫力ないし見せ場にもなってない。
これじゃあちょっと・・・って感が否めなかったなぁ。

あとCGもアニメちっくなCGって感じでイノセンスとかアップルシードとかの方がましだったんじゃないかな?
紀里谷監督ってのはフォトグラファーなんだよね?だからかもしれないけど、彼の場合CG使ってない場面の
ほうがとても魅力的な映像を作ってた。だからCGの場面が見せ場なんだろうけど、逆にCGいらないよね。
っていう感じがすごくしちゃった。その時点でこの映画は失敗だよね。

それとなにより、豪華な出演人。それを生かしきれてない感じがもったいないなぁ。でも伊勢谷に
麻生久美子の美男美女はなかなかみどころがある感じだったよ。あとはミッチー、なんか彼の
存在感っていうのは印象に残るんだよね。寺島進の狂気な感じも素晴らしかった。

最後にメッセージに関してだけど、人間ってのは自分たちが生きてくためにどれだけのものを殺したら
すむのだろうか?ってことと憎しみの連鎖について・・・その中で前者が今考えてることと重なった。
人間一人が生きていく為に果たしてどれだけの動物を殺して食しているんだろう?スーパー行くと肉が
売られてるけど、そこに牛が殺されてるっていう部分ははしょられてるわけでさ。意識しないとその辺って
忘れ去られてると思うんだよね。ってこんなこといってるけどうちはベジタリアンではないから、肉は食べるよ。

ただね、そこに感謝の気持ちをもたないといけないとうちは思ったんだよね。生きていく為にたくさんの動物が
犠牲になってるってことそれだけは忘れちゃいけないと思う。だからって肉を食うなってことじゃないよ。
たまにでいいからさ、自分が生きているのはたくさんの動物が犠牲になってくれたからだっていう
感謝の気持ちを思い出して欲しいなぁなんて思ったよ。

「CASSHERN」 ・・・ ★★☆☆☆ 別な意味でちょっと考えさせられたけど、映画としては微妙
[PR]

by Kurt. | 2004-11-10 13:18 | Cinema | Top |

<< 犯罪集団ジャスラックの横暴を許すな! 鳩グリ日記? >>