ブログトップ | RSS | Blog Top |

グッバイ!アメリカ・・・華氏911   

a0023548_17504387.jpg
タイトルはもちろんグッバイレーニンを意識してのもの。まぁパクリなんだけどね。でもいい合言葉だと思う。
そんで本題はこっち。「華氏911」DVDが発売になったんでやっと見れた。ブッシュが再選されたんで
この映画の影響は結局選挙にはなかったっていうことが証明されたけど、逆にこの映画が言ってたことが
選挙の結果で証明されたって感じがした。

っていうのは全ての問題は無知ということにあるってこと。最後に息子がイラクで戦死した女性がホワイトハウス
前に行くんだけど、そこに横から出てきた女性がカメラを前に演技してるだけでしょっていった。そして
悪いのはタリバンじゃないって。それって違うよね。アメリカは勝手にイラクに侵略して、攻撃してるんじゃない。
殺したのはイラクの人かもしれないけど、でもそこへ送ったのは誰?そもそも送ることに何の意味があったの?
ってそう思っちゃった。あの戦争で死んだ人たちはほんと無駄死にだ。一部の金持ち階級の人たちの
儲け話のためだけに起こされた不条理な戦争・・・そこで死んだ人なんてその階層の人たちには
知ったこっちゃないんだろうね。なんかすごく悲しい気分になっちゃった。



ブッシュの再選であと4年間のうちに何人の米兵やイラク人が死ぬのだろうか?きっとイラクが一段落したら
次はイランなんじゃないかと思う。北朝鮮に関してはアメリカが介入するメリットがどこにもないので
きっと放置状態なんじゃないかと思う。って話が映画からそれちゃったね。

マイケル・ムーアのやり方は正直好きではない。ただこの映画での今まで知りえなかった情報で
色々考えさせられた。まず世界は不条理の上に成り立っている。これは誰もが認めたくないと思うけど
実際の世界はそのようにできている。だからこそアメリカではブッシュが再選してアメリカ軍は人が足りず
貧困な階層の人たちがお金を得る為に軍へ行く。失業率が50%の町の最適な方法、それが軍隊へ行くこと
そういうものにも衝撃を受けた。

ってこの映画に関して書こうとしてもどうしても自分の考えが混じっちゃうんで、この辺でこの記事は
終わりにしたいと思う。ただこれだけはいっておく。無知であることは罪になりうる。だからこそこの映画を
一度みて欲しい。そして自分なりに色々考えて欲しい、そんな風に思った。
[PR]

by Kurt. | 2004-11-14 18:23 | Cinema | Top |

<< ブログ企画  エキブロM-1グ... 2+2=で、試用記録はハチャメ... >>