ブログトップ | RSS | Blog Top |

古本やめぐりの旅・・・   

今日はこれから地元の古本屋めぐりをしてくるのだ。うちの家の近くには地元駅に2件、
となり駅前に2件、となり駅のちょっと離れたとこに2件、その他に2件と計8件もの
古本屋があるんだよね。地元駅の2件は仕事帰りとかによく見にいってるんで今日は
そのほかの6件を回ってきて、ほしいものを買いあさってくる予定。
いい本があるといいなぁ。目当ては石田衣良と保坂和志、舞城王太郎とか・・・
その他にもみてよさそうなのがあったら買ってこよ~っと。ではではいってきま~す。



(追記)
今日の収穫はあまりよくなかったなぁ。って結局3店舗回ったとこで、もういいやって気分になっちゃったのが
一番大きいけどね。そんでもって今日回ったとこは、石田衣良の4teenがあったけど、なんかちょっと
割高感があって買えず、舞城はどこにもおいてなくて、衣良の文庫はIWPの3だけあったけんだど
1,2を読んでから読みたいなぁって言うのがあったから結局買わなかった。

ただ保坂和志の「草の上の朝食」と「もうひとつの季節」の2冊を買ってきた。どっちも前から探してた
文庫だったんで、まぁなかなかいい収穫だったかな?って感じ。これで1週間くらいはきっと持つでしょう。

ただショックだったのはこないだ買ったばっかの伊坂幸太郎のラッシュライフが古本屋にあったこと。
舞城の九十九十九(つくもじゅうく)とどっち買おうか迷って、こっちにしたのに、古本屋にあるなんて
・・・こんなことなら九十九十九にしておけばよかったよ。
[PR]

by Kurt. | 2004-11-20 11:23 | エッセー(日記系) | Top |

<< Nirvana Box Set... ありがとう・・・40000hi... >>