ブログトップ | RSS | Blog Top |

バッテリー2・3とか・・・あとは「あいつ」について・・・   

確か昨日買ったと思った文庫本2冊あったはずなんだけど、今日仕事から帰ってきたら
どっちも読み終わっちゃった。これどういうこと?別に急いで読んでるわけじゃないし、
家帰ってからも大して本なんか読んでないんだけどなぁ・・・1月3日にしてすでに、2冊も
本を読み終えてるってどうなのこれ?こんなペースで本読んでたら、いくらお金があっても足りないよ。

そんでもって、読んだのはバッテリーの2と3元々、児童書だったってこともあるからかすごく
読みやすくて、どんどん読み進んじゃう。でも内容はいいね。はっきり言って王道って感じの
ストーリー展開ではあるんだけど、キャラひとりひとりがほんと魅力的。なかでも主人公の弟、
青波(セイハ)がすっごくかわいくていいんだよね。こんな弟いたらいいなぁって思わず思っちゃった。
ただ3に青波の視点でかかれてた短編があったんだけど、それのできはちょっといまいちって
感じだったな。バッテリーのストーリーに比べると質といい文章の魅力がなかった気がする。

ただ3がまたこれからっていうとこで終わってるんだわ。早く続きが読みたいって感じ。
ほんとこれはおすすめ。青春小説の大傑作だと思うね。普段本を読まない人とかに
この本は薦めたいな。たくさん本を読む人にはきっと物足りないと思うからね。



トラボケリレーなんだけど、勢いで書いたものをそのままトラバしてみた。たださっきちょっと文章に
手を加えたりはしたけど、ストーリーは特に変えてない。今回は間に説明の文章を極力入れないようにして
会話のような形式で書こうと思ったけど、そのへんの試みはちょっと失敗。理想としてはすべて主人公の
ミヤ(ってこれ今勝手に名前付けたけど)のしゃべりだけでやろうとしたんだよね。イメージとしては
ミヤが思い出してる感じ?なんだけど、そのへんはうまく表現できてない気がするね。実力不足ですな。

あと展開がちょっと急すぎたかな?っていう反省点もちょっとある。まぁこの辺はプロットもなんも考えず、思いついたままキーボードを叩いてできた文章なんで仕方ないかな?なんて
気もしてるけど、それなりな文章にはなったと思うんだけど、どうかな?ぜひ感想きかせてください。
今年は創作文に力を入れて生きたいって思ってるので、色々な意見が聞けたらいいななんて
思ってるんで、どうか協力してください。

ちなみにタイトルのあいつが「あぃぅ」に似てる気がするのはうちだけではないはず、
それと執事をひつじっていってたのは素で間違ってたとかいないとか・・・・
[PR]

by Kurt. | 2005-01-03 23:20 | エッセー(日記系) | Top |

<< やっぱ友情やね・・・下妻物語 あいつ >>