ブログトップ | RSS | Blog Top |

芥川賞は阿部氏、直木賞は角田氏に決定!   

今日は芥川賞と直木賞が発表されました。賞の候補者と受賞者は以下の通り。
芥川賞候補
<受賞>阿部和重(あべ・かずしげ) 「グランド・フィナーレ」(群像12月号)
石黒達昌(いしぐろ・たつあき) 「目をとじるまでの短かい間」(文學界12月号)
井村恭一(いむら・きょういち) 「不在の姉」(文學界9月号)
白岩玄(しらいわ・げん) 「野ブタ。をプロデュース」(文藝冬号)
田口賢司(たぐち・けんじ) 「メロウ1983」(新潮8月号)
中島たい子(なかじま・たいこ) 「漢方小説」(すばる11月号)
山崎ナオコーラ(やまざき・なおこーら) 「人のセックスを笑うな」(文藝冬号)

直木賞候補
伊坂幸太郎(いさか・こうたろう) 「グラスホッパー」(角川書店)
岩井三四二(いわい・みよじ) 「十楽(じゅうらく)の夢(ゆめ)」(文藝春秋)
<受賞>角田光代(かくた・みつよ) 「対岸の彼女」(文藝春秋)
古処誠二(こどころ・せいじ) 「七月七日」(集英社)
福井晴敏(ふくい・はるとし) 「6(シックス)ステイン」(講談社)
本多孝好(ほんだ・たかよし) 「真夜中の五分前」(新潮社)
山本兼一(やまもと・けんいち) 「火天(かてん)の城(しろ)」(文藝春秋)




個人的には芥川賞は阿部和重さんにとって欲しくて、直木賞は伊坂幸太郎さんにとって欲しい。
ただ阿部さんは芥川賞より「シンセミア」で直木賞に選ばれてもよかったと思うんだよなぁ。

ちなみにこの中でうちが読んだ作品は
山崎ナオコーラ「人のセックスを笑うな」(ちなみにこれは30分の立ち読みで読み終わりました)
井坂幸太郎「グラスホッパー」、本多孝好「真夜中の五分前」の3つです。

白岩玄の「野ブタ。をプロデュース」は面白いって評判みたい。これは読んでみたい作品だね。
今日は阿部和重の「グランドフィナーレ」がでてる「群像」のバックナンバーをうちのお店で
買ってこようと思ってます。はてさて誰が賞をとることになるんでしょう。発表が楽しみです。

20:00追記
両賞とも発表になりました。今回は波乱もなく大方の予想通りの結果だったと思います。両作品とも読んでないのでなんともいえませんが、阿部氏のグランドフィナーレはまだ出版されてないので、どうするんでしょうね?すぐに出版するのかな?これは群像の12月号に掲載されてます。

伊坂さんのグラスホッパーは今までの作品の中では面白さにちょっとかけてたので、受賞できなかったのも
うなづけるかなぁ?って感じですね。それよりはエソラに掲載されてる魔王のほうが数倍面白いので
未読の方はぜひ探して読んでみてください。ちなみにエソラには吉田修一の作品も入ってたりするんで
なかなかお買い得な本だと思います。阿部氏のグランドフィナーレは読み次第記事に上げたいと思います。
[PR]

by Kurt. | 2005-01-13 20:44 | エッセー(日記系) | Top |

<< 【け】→けいようせん(京葉線) トラバンケート改めアンケートT... >>