ブログトップ | RSS | Blog Top |

京都レポート まとめ 初日編   

 オフはどうもありがとうございました。ほんとは遅くまで残ってたかったんですけどね。オフの翌々日から
京都旅行って言う予定が入ってたんで、あまり無理がきかなかったんですよ。だから運動も控えめに
してました。咳がずっととまらない状態が続いてて、運動したらそれがもっとひどくなっちゃったんで、
やむなく残りは見学で・・・結核をわずらってる文学青年イメージでいさせていただきました。

 オフの翌日は仕事で、その次の日の朝に新幹線に乗って一路京都へと向かいます。昼前に京都駅に到着して
荷物を置いてさっそく観光スタートです。



 まずは便利な京都のバスのカードを買って、向かうは新撰組のゆかりの地、壬生。ただ食事を取ったすぐあと
だったんで抹茶とかいらないって感じだったんで八木家には行かず、旧前川邸で新撰組の山南さんを
思い浮かべつつ、壬生寺へと向かいます。個々には鴨さんと河合なんたらの墓がありました。
鴨さんの墓がやたら新しかったんですけど、あれは何でですかね?風情も何もあったもんじゃなかったです。
新しく建てた様に見える近藤勇の銅像とかもなんかなぁ・・・微妙でした。ってこれはドラマの新撰組が
終わって結構時間がたってるから、自分の中で新撰組に関する興味が薄れてたっていうのも影響してた
かもしれませんね。

 壬生を後にして、次に向かったのは二条城。バスを降りた場所が二条城駅だったんで、二条城の周りを
入り口側までぐる~っとまわる羽目になりました。二条城といえば鴬張りの廊下なんでしょうけど、他の人たちが
歩くと、きゅっきゅとなるのに、うちが歩いても全然音が鳴ってくれない。なんでなんでしょう?床下にいる
鶯に嫌われたのかな?ちょっとショボンって感じですが、二条城を後にします。

 次に向かったのは金閣寺。ピカピカ光ってます。三島由紀夫の金閣寺ではこれが燃える風景が思いおこさせ
られてたんですけど、どうしてもこの成金趣味的な金ぴかの建物に魅力を感じないのですよね。あの話の
永遠じゃないから美しい。っていう感覚にはものすごく共感するんですけど、金閣寺が美しいと思ったことは
全然ないんですよね。やっぱ銀閣寺のほうが風情があって素敵だと思います。

 金閣寺の次は石庭が有名な竜安寺に向かいます。どの場所から見ても全ての石が見えないって
いうのはすごいですよね。少しの間座って眺めてたんですけど、禅の心というものを持ち合わせていない
うちは、すぐに飽きてしまい。さっさかと竜安寺を後にしました。

 ここいらで、ちょっくら休憩するかってことで、山猫軒という喫茶店に行きました。ガイドブックにも
出てるくらいだからそれなりのものはあるんだろうと思ってたんですけど、、、出てきたワッフルなんか
あったかくなかったんですよね。焼き立てなのにいまいちあったかくなくて、上に乗ってたアイスも全く溶けず
雰囲気はよかったんですけど、なんか物足りない感じで・・・食感はサクサクしててよかったんですけどね。
なんか物足りないっていう感じでした。

 軽くお茶して、時間は5時くらい。お寺も閉まりだしてるだろうっていうことで、駅の近くのホテルへと向かいます。
ホテルは新都ホテルってとこで、シティーホテルって感じですかね。まぁこんなもんでしょう。
時間を潰して夕食に向かいます。泊まりに夕食はつけなかったんで駅近くに食事に向かいました。
この日の夕食はおそば。伊勢丹の上に入ってるお店です。うちは鴨の入ったそばと水菜のはいった
サラダをいただきました。やっぱ京都は薄味でいいかんじですね。ただ鴨肉は固くてなかなか
噛み切れなかったです。でも鶏肉は大好きなんでおいしくいただきました。おなか一杯になったので
ホテルに戻って1日目は終了です。

 はじめの壬生を除くとほんとに修学旅行って言う感じのコースですよね。2日目も修学旅行のようなコースを
向かうことになります。この辺のことは後ほどアップします。
[PR]

by Kurt. | 2005-01-27 22:13 | エッセー(日記系) | Top |

<< なんじゃこれ? 京都から無事帰宅 >>