ブログトップ | RSS | Blog Top |

素敵なギャラリー ~Cystem Gallery~ Ged Wells CATS LICK SINNERS   

a0023548_2221443.jpg冷たい雨が降る中、今日は千駄ヶ谷に出向きFUDGEに
掲載されていた、CystemGallery(システムギャラリー)で
開催されてるGed Wells(ジェド・ウェルズ)のエキシビジョンを
みてきました。まずは彼の作品を軽く見てください。→
ここにあるのはかわいいのがほとんどなんだけど、絵以外にも
オブジェなどが置いてあって、どれもパッと見た感じはかわいいのだけど、
なんかダークな雰囲気が漂ってるんですよね。そんな雰囲気の作品が
とても多かったと思います。個人的にこういうのすごく好きなんだけど
みなさんはどうですかね?

このアーティストはまだほんとに無名ですけど、日本人にはとても
好かれそうな絵を描いてると思いました。ポップだけどちょっとダーク。
一度みたら忘れられない、そんな感じの絵やオブジェが一杯です。



みなさんアートって言うとちょっと敷居が高いと感じると思うんですけど
こういう小さなギャラリーで開催されてるエキシビジョンって大体無料でふらっと
立ち寄ってみたりできて素敵ですよ。何よりここのギャラリーのオーナーの方は
すごく気さくで、来たお客さんには必ず話しかけてるようなんですけど、作品に
関しての解説をするのではなく、アーティストのバックボーンだとかアートに
関する見解など、ほんとにいろいろなことを話してくださいます。

話をしてて印象的だったのはこういう作品っていうのは実際に見てはじめてわかるものなんだって言うこと。
ネットなどで、その画像は見ることができても実物でみるのとでは感覚がぜんぜん違って、自分の
目で見て、その雰囲気を生で感じてこそ、そのアートの素晴らしさっていうのが感じれるのだとうこと。

ただここで、わかるわからないと表現してるけど、絵を見てどのように解釈するかは個人個人違うと思うし、
それを見て自分がどう感じたかっていうのが大事なんだともいってましたね。アートってほんとに
なんでもありの世界。これがアートだって言ってそれが評価されればなんでもあり。だからアートって
面白い当地は思います。

話はそれましたけど、このギャラリーはアートに対するものすごい情熱をもってるオーナーの方がやってて、
しかも、今回の作品もそうですけど、友達のアーティストなどの作品を主に展示してるそうです。
オーナーの方もほんと魅力のある人で、この方に会いにいくだけでも価値があると思いますよ。
アートにちょっとでも興味のある方もない方もぜひみにいってアートに触れるとともにギャラリーの
オーナーの方とお話をしてみてください。きっとその方と会うことで何かと感性が刺激されるはず・・・・
ぜひとも千駄ヶ谷のほうに行くことがあったら足を運んでみてください。

最後に、ギャラリーに行ったときギャラリーが無人で、ドアの前で待ってたら、カップラーメンに
お湯を入れた状態でオーナーがきて、中に入れてくれました。ただそのあと、うちらが来たせいで
そのラーメンに手をつけてなかったんですけど・・・あれはどうしたんだろう?食べたのかな?
ちょっと気になりました。
a0023548_22231930.jpg
ギャラリーはちょっとわかりずらいとこにあるのでわかんなかった場合は
ギャラリーに電話すれば、オーナーの方が丁寧にナビゲートしてくれます。
[PR]

by Kurt. | 2005-02-16 22:45 | エッセー(日記系) | Top |

<< トニー滝谷の名前は、本当にトニ... ぐらぐら・・・ >>