ブログトップ | RSS | Blog Top |

反省なんてしてないもん   

a0023548_10492852.jpg
私カートは、一人ぼっちの世界TBの「解散して欲しくなかったバンド、グループ、ユニットといえば?
というお題でリバティーンズと回答したら一人ぼっちになってしまいました。ってかかぶらなくてよかった。
この企画って人とかぶらないようにするんじゃないの?ってか人と同じじゃつまらないじゃん。むしろ
多数派になった人が反省文を書くべきだね。うん。ってことでこれから書くのは反省文じゃないからね。



ここ最近に解散したバンドでほんとに好きだったのが彼ら。UKでは少しハイプ的なみられ方もしてたけど、
彼らの音楽性はほんと最高だった。パンクをベースにしてるけどそれだけにはおさまらない、音楽性
そして最高なメロディセンス。その曲をカールとピートの掛け合いながら歌うのも最高だったし、ルックスも
悪くない。(スタイリングはDior hommeのエディ・スリマン)まぁそれ以上に話題が豊富すぎた。

ピート・ドハーティとカール・バラーという二人のVoを中心に結成されたリバティーンズ。解散の原因は
ピートの薬物中毒。そしてそれによる奇行の数々、、、親友のカールとピート2人の仲をどうにか取り持とうと
UKの音楽界が色々試行錯誤をしてたんだけど、どれもけっきょく実らず。空中分解。2人はソロ活動を
はじめることに。

ピートはベイビイシャンブルズというバンドでこの夏アルバムを発売予定。カールのほうもソロで
契約を結んだみたいだけど、やっぱ彼ら二人が一緒になったときに起きるマジックみたいなものが
あると思うから、個人的にはソロじゃなくてリバティーンズで復活して欲しい。

なんか彼らを見てるとシドとジョニーの関係を思い出しちゃうんだよね。だからリバティーンズってのは
ピストルズとかぶるとこがあって、、、なんか感慨深い。おととしのフジロックのときにピートが失踪して、
カール一人で歌ってて、なんか痛々しかったのが印象的だった。自分勝手なピートを待ち続けるカール。
なんか切ないね。そして出て行って勝手に別バンドを始めるピート。もうなにやってんだっていう感じ。
でも壊れたものは2度と元に戻らないんだろうな。だから今後はソロ活動でいい音楽を聞かせて欲しいって
願うばかり。

ちなみにピートはスーパーモデルのケイト・モスと結婚するとかしないとか、、、まぁどうでもいいけど、、、
ただドラックだけは早くやめて欲しい。簡単なことではないけど黒いロックの歴史に名を残すことが
ないように、、、
[PR]

by Kurt. | 2005-04-27 10:46 | Music | Top |

<< ペンギンの憂鬱 ヴィレッジ はったりもなにもあ... >>