ブログトップ | RSS | Blog Top |

夜ピク・・・なんでこれが?   

第2回本屋大賞を受賞した「夜のピクニック」通称夜ピクを仕事先の同僚に借りてさっそく読んでみたよ。

a0023548_9504084.jpg正直なんでこれが本屋大賞?って思っちゃった。なんか淡々と話が進みすぎて、読み終わったあとも物足りなさが残るんだよね。そもそも恩田陸の文体って、うちには合わないと別の作品を読んだとき思ったんだけど、今回のこれを読んでみてやっぱり合わないって再確認。本屋さんはこういったほんわかした感じの小説が好きなんだねぇと思っちゃったのも確か。

ストーリーは高校最後の行事の歩行祭の中で起こる友情や青春の物語。誰もがこういう気持ちを経験したことあるんだろうな~とか思ったり、なんか懐かしい感じ?だからなんか万人受けしそうな本だとは思うんだよね。特に女性陣には受けがいいのかな?なんて気がする。個人的には忍君が女性受けいいんじゃないかと思うね。うちが好きだったのは雰囲気的に杏奈かな?みんなは誰が好き?なんて不純な読み方もありといえばあり?いや、なしだな。うん。

でもなんか無難すぎるっていう感じがうちにはしちゃうんだよね。だってこの賞に絶対舞城とか選ばれる
ってことはないでしょ(笑)う~ん、なんかなぁ本屋大賞2回目にしてこれでいいのか?ってうちは疑問を
覚えちゃったり、、、直木賞に選ばれなくて残念でした賞って言う感がしなくもないし、今回の本屋大賞の
ノミネート作品見たときに、前評判からいってこれがとるだろうなぁって思ってら、これが取っちゃったし。
なんかなぁ~?予定調和ではないけど、この賞の傾向っていうのが見えてきちゃった気がするよ。

ちなみにノミネート作品の中だったらうちは伊坂さんの「チルドレン」を選んでたと思う。ノミネートとか
関係なしだったら「好き好き大好き超愛してる」を押したいけどね。個人的には夜ピクより
この2作品のほうをおすすめしたいし、読んで欲しいと思うよ。
[PR]

by Kurt. | 2005-05-15 11:15 | Books | Top |

<< なんてこともない一日 青島って言うな~! >>