ブログトップ | RSS | Blog Top |

オペレッタ狸御殿 なんでこんなん観にいったんだろ?   

a0023548_20192912.jpg
答えは今日がファーストデーで映画が1000円でみれたから・・・こんなにみ終わったあと腹が立つ
映画もひさしぶりだ。鈴木清純監督だから、ある程度わけわかんないのは仕方ないと思ってたけどさ、
全く意味がわからんとは思わなかった。ってかはっきりいってうちにはクソ映画にしかみえないんだけど、
これも見る人が見れば芸術的で素晴らしいとかいうものなのかね?わかんね~な~。




まずね、一番観てていやだったのはデジタル処理で出演させてる美空ひばり。これがひどすぎ、ってか
悪趣味だよね。まず声、、、いくら声の専門化が作り出したとしても全くの別物だったし、歌声とかひどい
格好とかもランス悪いしなんか最低ってか、侮辱してるとしか思えないね。これはいかんよ。

様式美とかみれるのかな?って思ったらそのへんもいけてなかった。能、歌舞伎、その他色々な伝統芸能とか
ミュージカルの要素を取り込んでるけどね、どれも中途半端って感じ。由紀さおりと平幹二郎がラップ
とかしてたけど、どれもただ使ってるだけで、中途半端。やっぱりそういうものへのオマージュっていうより
そういうものを適当にやって侮辱してるようにしか見えなかった。

武の監督した「座頭一」みたいに、ミュージカル的な要素を映画にうまく溶け込ませてないんだよね。
だから失敗作に見えちゃう。オペレッタだからミュージカル映画と同じでいきなり歌いだすのはいいとしても
なんか映画に全てが溶け込んでない。独特の世界観なのはわかるんだけどさ、、、なんかこれは
好きになれなかったというか、見てて腹立たしさが残ったな。

結局何を目指したかったのか、わかんない。笑える映画でもないし、恋愛映画でもなんか適当って
かんじ?なんか嫌な感じ。この映画のために2時間と1000円を消費しちゃったことがなんかすごく
腹立たしい。個人的にはデビルマン並にひどい映画だと思う。

オペレッタ狸御殿 ・・・ ☆☆☆☆☆

[PR]

by Kurt. | 2005-06-01 20:18 | Cinema | Top |

<< クローサー「Hello,Str... バタフライエフェクト これを書... >>