ブログトップ | RSS | Blog Top |

惜しかったなぁ・・・日本対ブラジル   

いや~、朝から大騒ぎしちゃったなぁ。本気のブラジル相手に2-2のドロー。これは大健闘でしょう。
ほんっと惜しかった。最後の攻撃は入らなかったし、加地のはじめのゴールもオフサイドじゃなかったし
勝ちに等しいくらい価値のある引き分けだったんじゃないかな?俊輔のゴールに、大黒のゴール。
早朝にもかかわらずほんと一人で大騒ぎ。かせんじきでも盛り上がってたなぁ。

ブラジルはほんとうまいわ。ワンタッチのパス回しは芸術的だったし、日本もよくそれに対応してたし、
日本の攻撃も早いパス回しでみてて面白かった。朝起きてみたかいはあったね。

ただね、ジーコの選手交代はやっぱりちょっとどうなのかなぁ?っていう感じはある。大黒を後半
頭から出すのはよかったけど、でも中田浩二とか鈴木とかアントラーズ系の選手?あの二人は
でた意味あったのか?全然名前聞かなかったし、鈴木とか最後にわけわからんエキサイトで
無駄に時間潰したし、、、なんなんだよっていう感じ。アントラーズ重視はやめてほしいわ。

それに比べ大黒はすげぇや。きっと彼は来期に海外移籍決まるんじゃないかな?そんな気がする。
あと加地も今大会はよいね。すごい成長が見えた気がする。逆に全く進歩のない不必要なアレ
どうにかしてくれないの?ほんと見てていつも腹が立ってくるんだけどさ、、、抜けないくせにドリブル
仕掛けてとられる。守備もダメ。ポーンと前にボール出して早くない足で走る。そんなに走りたいなら
陸上やればいいのに、、、そんな選手をなんで使い続けるのかね?わけわかんない。

でも、日本のサッカーも進歩してたんだっていうのがよくわかった。ワンタッチ、ツータッチで
パスをまわせれば世界にも十分通用するんだね。そういうことがわかったし、世界に通用する
サッカーを十分できるんだって言うのがわかった。W杯が楽しみだ。
[PR]

by Kurt. | 2005-06-23 06:18 | Football | Top |

<< 始まりの空 (アレじゃないアレ... ミュージックバトンだって >>