ブログトップ | RSS | Blog Top |

熊帰る。そしてわたしは?   

外は意外に風がきつくて日陰は快適な温度。仕事で歩きつかれたわたしはスタバでキャラメル
フラペチーノを買ってちょっと一休み。「そんなにあまいものばっかり飲んでたらおなかがでるで~」
ってこないだ彼に注意されたばかりだけど、疲れたときに飲む冷たくて、あまい飲み物はわたしを
至福へと導いてくれる。だからやめらんないんだよね。それにわたしおなか出てないもん。断固そこには
抗議しなくちゃいけないな。おなかでてるって言われてけっこう傷ついたんだから。わたしは太ってないもん。


そうそう、太ってるっていって思い出したんだけど、前に川辺を一緒に散歩した熊がいるんだけどね、
周りにあわせるのが疲れたといって、故郷へ帰っちゃった。うまくいってる風だったからわたしとしては
すごく残念。料理もうまかったし、気も利くし、あなたというときに漢字の貴方を思い浮かべて欲しい
っていう感覚が私はすごく好きだったのに、、、。


私の彼は仕事のときはバリバリ働くっていう感じなんだけど、2人でいるときはものすごく甘えん坊。
そのギャップがわたしにはたまらないんだけどね。そして甘えるときにはなぜか熊のまねしてガウガウ
とかいってる。私は彼のそういうとこがとても愛おしくて、ガウガウいわれるたびに胸がキュンとしちゃう。

いつまでそんな感覚が続くのかなぁってたまに不安になるんだけど、でもガウガウいってるうちに
彼がそのうちほんとうの熊にならないかなぁって前々からずっと思ってるんだ。熊は熊でもシロクマに
なって私を食べて欲しい。そうすれば私は彼の中でず~っと一緒にいれる。お互いがいなくなる
っていう心配をしなくてすむんだよ。だからいつか熊になってわたしを食べてね。そのときわたしは
ピースをしながらきっと笑っているから、、、
[PR]

by Kurt. | 2005-07-18 19:46 | 雑文(創作系) | Top |

<< フットボール・バトンだって~。 夏のビジネススタイル?かっこい... >>