ブログトップ | RSS | Blog Top |

休日はゆっくりDVDでも、、、Part1  ブリジットジョーンズの日記2   

今日は暑いのでクーラーかけた部屋(27℃)に引きこもってDVD三昧ってことで、だらだらと家でDVDみながら
過ごしてるところ。ちょっと一休みってことで見たDVDの感想でも書こうかなぁって思ってPCの前にこうやって
座ってる。バックに流れるサントラはエゴラッピン「満ち潮のロマンス」夏の夕方にぴったりの音楽はとても心地
よく耳に響いてる。そんな中見た映画をこれから紹介。
a0023548_17315647.jpg

今回紹介するのはブリジット・ジョーンズの日記の第2弾『きれそうなわたしの12ヶ月』ってこれタイトルなげ~よ。
まぁいいや。ブリジット・ジョーンズの日記は前作もすごくいい映画だと思ったんだけど、この2も負けず劣らずの
素敵な映画に仕上がってたよ。



★レニー?レネー?どっち?
まず思ったのは前作同様レネー・ゼルウィガーがほんと不細工(失礼やって!)この映画のためにわざとそうしてる(かなりでぶでぶ)のはわかるんだけど、やっぱり彼女は美しくないのだよ。前作を見たときむっちゃ不細工って思って、それから彼女のことはあまり好きになれないのだよね。(うちは美しいものをこよなく愛するのです。)とはいってもシカゴのときの彼女はかわいいと思ったけど、やっぱりこの作品の彼女はかわいくない。

それにしてもレネー、前はレニーっていってたとおもうんだけど、なんで最近はテレビでレネーっていうようになったんだろう?なんかその呼び名には全くなじめないし呼びづらい。レニー・ゼルウィガーのほうが響きがいいんだけどなぁ。まぁどうでもいいか。

★カップルにおすすめ
そんでもって話を映画の話題に戻して、この映画だけど、うちはカップルにぜひみて欲しいと思う。ほんとねカップルでみるには最適な映画だと思う。間違ってもクローサーなんてカップルでみちゃダメだよ。カップルで見るならこういう映画。カップルでみるときっとハッピーな気持ちになること請け合い。

だってね、ブリジットとマークの関係ってすごく理想的だと思うんだよね。あんな風に、愛し愛される関係っていいなぁって思うよ。まぁうちのとこも似たようなもんなんだけど(って軽くノロケをいれてみたり)中でもマークの無償の愛情とでも言うのかな?ああいうのはほんといいなぁってほんと思っちゃった。

★やっぱヒューグラント最高!
それとね、この映画の見所はやっぱヒュー・グラント。役どころはいつもどおりなんだけど、やっぱり彼にこういう役をやらせたら右に出るものはいないと思う。(成功して金はあるけど女にだらしなく、なさけない)もうね、ワンパターンだけどかれのそういうところがうちは好きなんだよね。

中でも噴水のところでコリン・ファースともみ合いになるとこが最高だったなぁ。あそこの音楽の使い方もよかった。あのもみ合いのダラダラ感もなんかよかったんだけど、一度決着がついたと思いきや、「早く結婚しろよ、そしたら不倫してやる」ってそのセリフが元で再び噴水内で対決再開。あそこはほんと面白かった。

★ブリジットはどうしてもてるの?
それにしてもこの映画の基本的な疑問。なんでこんなおでぶちゃんのダメ女がモテモテなのか?うちにはわからないなぁ。って人の好みは千差万別だし、フィクションだからその辺とやかく言っても仕方ないんだけどさ、、、もっと魅力的な女性って世の中にはたくさんいると思うんだけどね、、、(たとえばうちの彼女とか、これを読んでくれてる女性の皆さんとか・・・・ってそこ!石を投げない)

なんかねぇ、これって単にブリジットにのろけられてるだけな気がしなくもないんだけど、、、まぁそれはそれでいいのかな?って気もするけど、この映画独り身の人にはだからなんなんだよって思ってイライラするんじゃないかなぁ。って気がするから、あんまりおすすめしない。やっぱみるなら好きな人と一緒がこれはいいと思うな。

★映画の評価は?
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月 ・・・ ★★★★☆

[PR]

by Kurt. | 2005-08-03 17:50 | Cinema | Top |

<< 東アジア選手権 ダメだこりゃ ステーキ丼、ブックカバー、本のヒモ >>