ブログトップ | RSS | Blog Top |

戦後60年&けみちょさんの舞台をみて思ったこと、、、   

8月15日、それは長い戦争が終わった日。たくさんの悲しみと憎しみを生んだこの戦争を
決して忘れてはいけない。現在は戦争を知らない世代が人口の7割をしめているらしい。
日本は素晴らしいことにこの日以降60年もの間平和に過ごしている。今は平和でもいつ
また戦争が起きるとも限らない。そんな気持ちは普段は持ち合わせていないかもしれないけど
ありえない話ではない。そんなことをけみちょさんの舞台では考えさせられた。

日本人は平和ボケしている。海外ではそういわれているかもしれない。でも平和であることは
とても幸せなことだし、平和ボケしたっていいじゃないか。でもあの戦争のことを忘れては
いけない。戦争を知らないぼく達の世代。その子供達が成人する頃には戦争を体験した人は
きっとほとんどいないだろう。でもその世代に戦争の悲惨さ、無意味さを教えていかなければ
人は同じ過ちを繰り返す。そんな気がする。

戦争にいいことなどひとつもない。誰も戦争なんて望んでいない。なのに戦争はこの60年
世界からなくなることはなかった。戦争は憎しみや悲しみといった負の感情しか生まないのに。
国同士、人同士がいがみ合って殺しあう。そんな狂気を人間はいつまで繰り返すのか?

早く世界から戦争という行為をなくそう。そんなの無理だと人は言うかもしれない。
でもやってみなきゃわからないじゃないか。そのためにはひとりひとりがきちんと考えて
行動をすればいい。どうすれば世界から戦争がなくなるか?とても難しい問題だけど、
一度考えてみて欲しい。過ちを2度と犯さない為に・・・・
[PR]

by Kurt. | 2005-08-15 14:20 | エッセー(日記系) | Top |

<< サマーソニック05にいってきたよ サマソニ帰りの罠 >>