ブログトップ | RSS | Blog Top |

サマーソニック05にいってきたよ   

8/14(日)天気は快晴!まさにライブ日和って感じの昨日サマーソニック05にいってきたよ。
サマソニはおととし以来2回目の参戦なんだけど、会場が近いのが嬉しいところ。今回のサマソニ(14日)は
MODsがテーマだったのかな?ターゲットマークを模した05のマークがでかでかと会場にあって、
グッズもポール・スミスとかロンズデイルとかUKのMODsな感じのものもあったし、、、イベントの締めは
MODsのアンセムのあの曲!MODs好きな自分にはたまらない感じだったなぁ。

★予定通りに行かないんだよねぇ★
サマソニ行く前にタイムテーブルを見て見にいく流れをあらかじめ決めていったんだけど、前回同様
その予定通りにことが運ぶことはなかった。原因は炎天下。体力をあんなに奪われるとは思わなかった。
自分の予定ではRIPSLIME→The Ordinary Boys→Broc Party→weezer→Oasisって流れを
思い描いていたんだけど、実際はRIPSLIME→笑い飯→Broc Party→weezer→Oasisってな
感じになっちゃった。なんか1箇所音楽じゃないものあるけど、気にしないでね。



★RIP SLIME★
朝の1発目に見ると決めてたのはRIP SLIME。邦楽をあんまり聴かない自分が好きな数少ない日本の
アーティストが彼ら。猛烈な日差しの中登場してFunkastic、楽園ベイベー 、Joint、Galaxy、
Rock It!、
Hotter Then July(順不同)って知ってる曲のオンパレード。新曲のUnder The Sunって曲も披露。

アッパーな曲が続いて始終踊りまくり。(そして自分は知ってる曲は全部歌ってたり、、、)
会場もみんなノリノリ。最高にハイな状態でライブは終了。え~もっとやってよ~って感じるくらい
最高のライブパーティだった。ちなみに楽園ベイベーが炎天下の夏のこのタイミングにはまりまくりだった。

★笑い飯★
炎天下の中リップのライブで踊り狂って、グロッキー状態、そこから長い時間屋内の会場で休憩。
このあと日中にスタジアムで見るのは危険と判断して(って食事とろうと広島焼きに並んでたらライブの
始まる時間が過ぎてた事発覚)食事優先ってことでThe Ordinary Boysは泣く泣く断念。

ってことで食事をしながら見たのは笑い飯。(そのまえに田上よしえとかも見て面白かったけど)生の
笑い飯はほんと面白すぎ。Happy Birthday♪の歌い方のネタではマリリン・モンローで大爆笑!
ガムの精、横入りのネタでも大いに笑わせてもらった。ボケの掛け合いは相乗効果でどんどん面白く
なっていく。やっぱすごいやと思いつつ、ここで体力を回復して次の会場へと向かう。

★BLOC PARTY★
そんでそのあとに向かったのは今回うちが一番みたいと思ってたBLOC PARTY。早めにいったから
前に演奏してるRODDY FRAMEって人の弾き語りを真ん中へんで座りながらちょっとまったり、
客電が落ちて始まった衝撃のステージ。これまたノンストップで踊ることになるとは(ってはじめから
このバンドの曲聴いて踊ろうと思っていってたんだけどね)

あたまかっら飛ばしまくりのBLOC PARTY。照明の影響でメンバーがシルエットしかみえなくて、それが
またかっこよくてよかった。音楽のほうもアルバムの曲を畳み掛けるように、そしてCDより速いってか
速すぎ。そこにVoの激しいシャウト、内臓に響くようなドラムとベースの重いサウンド。どれをとってみても
ほんと最高のLiveだったことは間違いなし。ちなみに個人的ベストアクトは彼らだね。

★WEEZER★
日も傾いてきた頃に、向かったスタジアム。前方のアリーナは入場規制で入れない状態だったから
後方のアリーナで聴くことに。適度に人がいて、自分の動けるスペースがあるって言うポジションと
しては最高の場所。彼らの演奏した曲もPhotographとかBuddy Hollyなんていうバントさんの
ゲームの曲を始め、Island In The Sunといった名曲に加えて最新アルバムの曲を、織り交ぜて
まさにヒットパレードの数々だったのに、残念ながらものすごく音が悪かった。その後の機材トラブルでの
中断を考えると、彼らの演奏のときにすでにトラぶってたんじゃないかと思っちゃうんだよね。
だからこそ、ものすごく残念な気がした。

★Oasis 往年の名曲よかった★
日が落ちて暗くなったスタジアム。観客の期待は高まるばかりだったのに時間になってもなかなか
メンバーが出てこない。また兄弟げんかでもしてるのか?それとも不機嫌?とかおもってたら、時間を
20分くらい過ぎたとこでアナウンスで機材トラブルの為演奏ができないと伝えられる。演奏始まるまで
スタンドのほうではウェーブとかをやってて自然と客が一体感を出してる姿はよかったなぁ。

そして、待っていたら突然音楽が鳴り出す。Fuckin' In The Bushesって曲らしい。それと同時に
大歓声が沸き起こる。正直Oasisの最新アルバムって微妙と思ってたから全然予習をせずにみに
いったから知らない曲がいっぱいだったんだけど、でも名盤のMorning GloryからMorning Glory、
Champagne Supernova、Wonderfwall、Don't Look Back In Angerといった曲を演奏して
なかでもDon't Look Back In Angerはサビの部分を観客に歌わせて、観客とバンドが一体感を
感じる演出ですごく素敵だった。でもあの曲って兄ちゃんのノエルが歌う曲なのか?

というか、ノエルがたくさん歌うな~っていう印象がすごくあったんだよね。やっぱ弟のリアムの歌う
曲のほうがうちは好きなんだよなぁ。ノエルの歌ってる曲わからないし、、、とか思ってたりしたけど、
Don't Look Back In Angerは最高だった。

★印象的なこととか・・・★
あと印象的なのは客の反応の悪さ(苦笑)っていうのはリアムがMCでなんかいってるんだけど、
客は無反応。それをみたリアムがなんで反応ね~んだよって感じで頭抱えてる姿とかちょっと笑えた。
ってかマンチェスター訛りきつすぎ。そりゃただでさえ英語に弱い日本人にはあの英語は聞き取れないよな
って思ったわ。

リアムの仁王立ちとかあの体を斜め前にして歌う姿とかを生で見て、大満足のところで最後に
演奏したのはザ・フーのMy Generation。ドラムがリンゴ・スターの息子で復活したThe WHOで
ドラムをやってるザック・スターキー(詳しくはniceさんのとこ参照)で、大阪の締めもこの曲だったんで
きっとラストはこの曲だろうって思ってたら、そのとおり。最高に盛り上がりを見せて彼らのステージは終了。

★夏の終わり★
曲が終わり、去っていくOasisのメンバー。アンコールとかないんだっておもってたら、月夜には
たくさんの花火。まじかで広がるからものすごい迫力。この花火を見ながら自分の中で今年の夏は
終わったんだっていう気分にみたされていった。だから今日からは自分の中ではもう秋!残暑お見舞い
申し上げますって感じで、長々と書いたこのレポートもおしまい。読んでくれた人ありがとう。そして
ありがとうサマソニ!来年もメンツ次第だけどきっと行くからね。ではでは。いった皆さんお疲れフォックス。
[PR]

by Kurt. | 2005-08-15 17:52 | Music | Top |

<< ガタきてるのかな? 戦後60年&けみちょさんの舞台... >>