ブログトップ | RSS | Blog Top |

この国は大丈夫?   

★ 小泉さんの言葉に流された国民 ★
選挙の結果はまだ完全にでてないけど、開票前に大勢はもう決まっちゃった感じ。
結果は自民党の圧勝で民主党の大敗。1大政党制に・・・結果的には小泉さんの
言葉に国民がみんな流されちゃった感じだね。郵政民営化の信任選挙という
戯言を言い続けるうちに、国民は他の政策に関しては一切目を向けなくなった。
その作戦に国民の大半は流されちゃったんだね。ちょっと怖い傾向だなって思ったよ。

郵政民営化はちゃんとおこなってほしいと思うけど、それ以外の政策も
これから彼は今回の選挙で国民に信任されたからという理由で、次々に
おこなっていくことにならないかな?そういう可能性もあるって言うことを
考えてみんな選挙にいったのかな?郵政選択選挙といってるけど、実際は
そうじゃない。そのことをもし国民が考えてなかったとしたら・・・・怖いな。

★ その裏で、今後どうなる? ★
これが郵政民営化の信任投票なら、その政策を終えたらまた解散するのか?
否、そんなこと彼は一言も言ってない。だから郵政民営化の影に隠れて、
小泉さんはぼく達の実生活に関わる税金や年金のこと、そして憲法改正など。
それらのことまで彼は信任されたと言ってこれからやっていくのではないか?

そんなことになったら、この間のけみちょさんの劇にあったような状態になっても、
仕方ない。そんな状態になっちゃった気がする。(ちょっと大げさかな?)
だからうちは怖い。そんなへんな世の中にこの選挙の結果でならないことを
ただ、ただ願うばかり。

あと、行ったことはちゃんとやってください。そしてちゃんと改革はしてくださいね。
いままでみたいに、肝心なことになると口を濁してあいまいにする。そんなことを
するのはもうやめてほしい。ほんとに国は変わるのか?今後の政策を見守りたい。
[PR]

by Kurt. | 2005-09-11 21:20 | エッセー(日記系) | Top |

<< 最高ずくしの「チャーリーとチョ... 天才ペット しずく名言(迷言)集 >>