ブログトップ | RSS | Blog Top |

今月の読書録 9月編   

a0023548_23204114.jpga0023548_23205380.jpga0023548_23195889.jpga0023548_23212254.jpga0023548_23213250.jpga0023548_23223492.jpga0023548_2323471.jpg
毎月恒例の今月の読書録。今月は読んでる冊数がいつもよりかなり少ない7冊。
月10冊くらいを目標としてるからこの結果はかなりがっかり・・・(笑)言い訳をするとシンセミアが
かなりの長編なもんで、なかなか進まないのに加え、仕事が忙しくて電車で寝ちゃって、本を読む
時間がいつもより少なかったのが原因だね。来月はもうちょっとたくさん本を読みたいな。読書の
秋だし、10冊は軽くクリアしたいとこだわ。
ってことで今月読んだ本の紹介。

サイコロジカル(上)(下)/西尾維新
戯言シリーズ第4弾?、第3弾を読んでないのに古本屋でゲット。萌え要素が少し加わった
ミステリーの不思議な世界。ちなみにこんな感じだけど、彼の本はかなりおもしろい。キャラが
どれも立ってるから一度読んだらはまること間違いなし。

電子の星・池袋ウエストゲートパーク4/石田衣良
ウエストゲートパークシリーズの第4弾。テレビでやったラーメン戦争の元の話も収録。
ワルツ・フォー・ベビーが素敵な話でうちは一番好き。

東京奇譚集/村上春樹
こっちの記事で紹介済み。

シンセミア(上)/阿部和重
神町サーガの中核をなす、一台巨編。以前一度読んだ事はあったけど、あべかずの対談集を
読んで、もう一度読みたくなったのでチャレンジ。現在下巻を読んでる最中なんだけど、やっぱ
おもしろい。、描写がやたら細かいけど、でも出てくる人物全てがとちくるってる。そこがまたいい。
この小説に純粋にまともな人は全く出てこない。

銀河ヒッチハイクガイド/ダグラス・アダムス
ここで紹介した映画の原作本。映画の公開にあわせて河出書房から出たものなんだけど、
すでに絶版?映画もいいけど、小説のオチもいい感じ。やっぱマーヴィンがいいね。表紙の
鯨は読めばわかる(笑)

MOMENT/本多孝好
サイン入りの文庫本があったからゲット。病院で働く掃除夫、通称必殺仕事人の主人公が
最後の願い?を叶える物語。実はまだ最後の話だけ読んでない。なんで詳しいことはまた後日。

っていう感じで、今月は既刊本が多かったなぁ。って言うのは新刊でおもしろいのがあんまり
ないんだよね。10月は石田衣良の新刊が出るから、それは買う予定。あと今日、ひさしぶりに
本をチェックしてこようかな?って思ってるよ。
[PR]

by Kurt. | 2005-09-30 23:44 | Books | Top |

<< 準備は進むよどこまでも・・・ トリエンナーレ行ってきたよ。 >>