ブログトップ | RSS | Blog Top |

カートさんおすすめのこれから発売になる気になる本たち・・・   

10月の終わりから、12月のはじめにかけておもしろそうな本がたくさん出るんで
それをいち早く紹介しようと思いま~す。ただし、うちの趣味で選んでるんで、かなり
偏ったものになってるのはご愛嬌。それでは発売日順に紹介していくんでよろしく!




★ 10月27日 『100回泣くこと』 中村 航
まずはいま、いち押しの作家、中村航の最新作『100回泣くこと』だよ~。中村航meetsセカチュ-
っていうイメージでね、本人もセカチューを意識して書いたとか、そうでないとか。そういう意味では
舞城王太郎の『好き好き大好き超愛してる』とかと、同じスタンスなのかもしれないなぁ。ただこういう
泣かそうとする展開はずるいと思うよ。そりゃみんな100回泣くよなぁって(でも100回しか泣かない
っていうのが重要らしい)ちなみにうちはこれ読んで1回も泣けなかった(血も涙もないんです)でも、
さすがは中村航。前半の展開は最高。そこだけでも読む価値があると思うよ。

★ 11月9日 『ネコソギラジカル(下)』 西尾維新
次は青春エンタ、戯言シリーズの完結偏。ってこれだけ他のと全然雰囲気違うんだよなぁ。文藝の中に
こういうエンターテイメント小説(マンガに近い感じ?っていうかライトノベル?)って万人におすすめ
できるものじゃないんだけど、彼、けっこう人気があるんで知っていて損はないと思うよ。それに一度読むと
病み付きになること間違いなし。うちもはじめのを読んで気づいたら全て買って読んじゃってました。
そしてこれで完結。彼の作品とも個人的にはこれでおさらばするはず。

★ 11月18日 『ぼくとひかりと園庭で』 石田衣良
石田衣良初の絵本なんだって、、、どんなものになるか楽しみだねぇ。でもうちはこれきっと買わない。
ならなぜ紹介するか?それは石田衣良だから・・・・彼って人気でしょ?ちなみに彼の代表作
『池袋ウエストゲートパーク』は次のでおしまいっぽい。シーズンごとに連載されてたオール読物に
ウエストゲートパーク最終話(上)って書いてあったんで間違いなさそう。

★ 11月25日 『バスジャック』 三崎亜紀
『となりまち戦争』で衝撃的なデビューを果たした三崎亜紀の新作がでるんだね~。これ、今日紹介してる
中でも一番機になる作品(伊坂さんの新作を除く)なんか短編、中篇、長編がいりまじったアンソロジー?
みたいなものらしいんだけど、彼の文章すごく好きだったから、個人的にかなり期待大の1冊なのは
間違いないな。ほんとこれは早く読みたい。

★ 11月28日 『王国 その3』 よしもとばなな
よしもとばななファンが発売を待ち望んでいた王国のその3がやっと発売になるんだって。ってうちは
1も2も読んでないんだけど、、、よしもとばななって村上春樹と対を成す感じがするのはうちだけかな?
なんか不思議な感じが似てるし(って小説自体は全然似てないけど)うちの中では二人は同じくくりに
はいってるんだよね。

★11月下旬 『意味がなければスイングはない 』 村上春樹
対をなすって言ったもう片っぽの村上春樹の新作。これは音楽に関するエッセイなのかな?それとも小説?
たぶんエッセイっぽいんだけど、説明文を見ると「シューベルトからスタン・ゲッツ、ブルース・ス
プリングスティーン、スガシカオまで、音楽と作家のファンキーだけど奥の深い十篇。とのこと。音楽好きのうちとしては気になるとこだけど、エッセイってあんまり読まないんだよね。だからこれは
実物見てからどうするか決めると思う。

★ 12月9日 『砂漠』 伊坂幸太郎
最後は伊坂さんの書き下ろし最新長編小説。伊坂さん得意の群像劇だって。こりゃほんと楽しみ、
ほんと早く読みた~い。なんか大学生活の話らしいよ。またこれ、裏ルートでいち早く読めないかなぁ?
なんていってみたり、、、伊坂さんといえば『魔王』発売中。ほんと素晴らしい作品だから、これは読まなきゃ
ダメ、、、、、、、、ゼッタイ。

ってとで、おすすめの7点、、、発売日は変更になるかもしれないけど、とにかく楽しみ。読書の秋から
読書の冬へ(?)なが~~~~~~~~~~~~~~~いよるに本など読んでみてはいかが?
(ってうちは家じゃあ、ほとんど本は読まないんだけどさ、ひとにはすすめてみる)

[PR]

by Kurt. | 2005-10-24 21:51 | Books | Top |

<< メイド喫茶にいってきたよ ほりでいいんざさん >>