ブログトップ | RSS | Blog Top |

伊坂幸太郎、舞城王太郎あわせてW太郎情報   

うちの好きな2人の作家の新刊情報などを紹介。

まずは伊坂さん(伊坂幸太郎)から
・ 新刊の『砂漠』が発売。
表紙がまたまた、ちょっと変な感じだけど、久々の書き下ろしってことで、読むのが楽しみ。ちょっとだけ読んだ
感じだと、大学、麻雀、パンクロック(主にラモーンズ)、平和っていうイメージ。流れとしては魔王の系譜を少し
ひきずってる印象があるかも、まぁあんなふうに重くはないけどね。コレは読んだら感想をアップする予定。

・来年発売予定の小説3点があきらかに。
まずは『終末のフール』、文芸誌のすばるで連載されてた、「小惑星がおちてくる」を中心にした、短編集(?)3年後の地球滅亡を前にした色々な人々の様子が描かれてる小説。発売予定日は3/26。

『陽気なギャングが世界を回す・2(仮)』来年の5月に映画化される、陽気なギャングが世界を回すの続編。月間小説誌の『小説NON』に連載されてた4つの短編に書き下ろしの中編がプラスされるみたい。これは5月発売予定。

最後は『フィッシュストーリー(仮)』伊坂ワールドの脇役のアナザーストーリーをまとめた短編集とのことで、ラッシュライフをよんどくとより楽しめるみたい。発売は来年の秋(ってずいぶん先だな)

続いて舞城情報!
・今月発売の(発売中の)文芸誌『新潮』と『群像』に書き下ろしの新作が載ってる。
新潮のほうは『ディスコ探偵水曜日』の第2部「ザ・パインハウス・デッド」
群像のほうは『山ん中の獅見朋成雄』の続編となる!「SPEEDBOY!」
どっちも舞城節炸裂の素敵な作品でしょう。ほんとコレは早く読みたい。
[PR]

by Kurt. | 2005-12-08 20:18 | Books | Top |

<< 砂漠 伊坂幸太郎 つまらない。... モンキー占いだって・・・ >>