ブログトップ | RSS | Blog Top |

芥川賞、直木賞候補決定   

 芥川賞候補

「ボギー、愛しているか」(群像十二月号) 伊藤たかみ(いとうたかみ)
「沖で待つ」(文學界九月号) 絲山秋子(いとやまあきこ)
「銀色の翼」(文學界十一月号) 佐川光晴(さがわみつはる)
「vanity」(新潮十月号) 清水博子(しみずひろこ)
「どうで死ぬ身の一踊り」(群像九月号) 西村賢太(にしむらけんた)
「クワイエットルームにようこそ」(文學界七月号) 松尾スズキ(まつおすずき)

 直木賞候補

 「死神の精度」 伊坂幸太郎(いさかこうたろう)
 「あの日にドライブ」 荻原 浩(おぎわらひろし)
 「蒲公英草紙」 恩田 陸(おんだりく)
 「夜 市」 恒川光太郎(つねかわこうたろう)
 「容疑者Xの献身」 東野圭吾(ひがしのけいご)
 「ハルカ・エイティ」 姫野カオルコ(ひめのかおるこ)




芥川賞にノミネートされてる本はどれも読んだことがないけど、松尾スズキの「クワイエットルームにようこそ」
ちょっと読んでみたいな。伊藤たかみって人、どこかで名前みたことあるなぁって思ってたら
「卒業式はマリファナの花束を抱いて」 っていう本の作者だった。この本地元のヴィレッジで見かけてタイトルが
気になって昔読んだ事あるような気がするんだけど、読んでないような気もするから、また読んでみようっと。

逆に直木賞にノミネートされてるものはけっこう読んでるものが多い。(って半分の3つだけだけど・・・)まずは、
大本命っていうか、この作品でどうしても賞をとってほしいって思う伊坂さんの「死神の制度」、伊坂さんの
作品だったら、個人的には「魔王」のほうが、いろんな意味で素晴らしいと思うし、そっちでノミネートされて
てもおかしくないと思ってたんだけど、よく考えたら魔王が発表されたのは去年の12月だから対象外みたい。
個人的にはもうノミネートはこれだけで他のノミネートはなしでいいんじゃないかと思ってるところ。

次は恩田陸の「蒲公英草紙」、常野シリーズの第2弾で光の帝国。いい話ではあるけど、
続編だし、いまいちだったから記事にもしてないっぽい(感想書いた記憶はあるんだけどなぁ・・・)
なんでこれで賞をとられるのはちょっと違うんじゃないかなぁ?って感じ。

そんでもって最後は姫野カオルコ「ハルカエイティ」これはね、ほんと素敵な本だから賞を
とってもおかしくないんだよね、以前に記事にもしてるから、詳しい感想はそっちで見てほしいんだけど、
これもまた素晴らしい本。特に女性にお勧めしたい本だね。これがとるのもありだけど、、、でもやっぱ
今回はなにがなんでも伊坂さんにとってほしいと思う。

ちなみに今回の直木賞で本命といわれてるのはミステリーの賞?を総なめにしてきた「容疑者X」
このミスなどのミステリーランキングで軒並み1位に選ばれてるんで、前評判は一番高いみたいで、
これがとるんじゃないかっていわれてるんだけど。個人的にミステリー作品が直木賞をとるっていうのは
どうなの?って感じがあるんだよね。

直木賞は衆文芸作品中最も優秀なるものに呈するそうなんだけど、ミステリーがすごいってので
選ばれてるんだし?直木賞には別に選ばれなくてもいいんじゃない?ってうちは思ってるんだけどね(天邪鬼?)
まぁ結果はいったいどうなることやら・・・。その結果発表は1月17日におこなわれます。
[PR]

by Kurt. | 2006-01-05 17:06 | Books | Top |

<< クワイエットルームにようこそ ... 新撰組再び!永遠のロマンチ >>