ブログトップ | RSS | Blog Top |

容疑者Xの献身   

a0023548_21451268.jpg昨年のミステリーランキングで1位を総なめにした『容疑者Xの献身』を借りて読んだよ。ランキングで軒並み1位っていうのは伊達じゃない、素晴らしいミステリー小説だった。この作品が直木賞をとっても誰も文句は言えないよなぁっていう感じ。(個人的には伊坂さんにどうしてもとってほしいんだけどね・・・)

ミステリーだから内容にはあまり触れないでおきたいんだけど(自らの目で確かめてほしいから)とにかく、すごい論理的思考(ロジカルシンキング?)で、構成されてて、トリックというかストーリー展開がほんと秀逸。先がまったく読めない展開で、最後にはちょっと悲しくなった。これで涙する人もいるかもね(まぁ血も涙もないうちはもちろん泣いてないけど)って感じで、タイトルにある献身が、最後の最後で・・・そこから先は読んでからのお楽しみに(笑)とにかくこれは読んで損のない本だと思うし、自信を持っておすすめできる1冊なんで、ぜひともみんなに読んでほしいと思うよ。

最後に、、、なんか数学ブーム到来の予感がしてるんだけど気のせいかな?
ex)容疑者Xの献身、博士の愛した数式、プルーフオブマイライフ etc...
[PR]

by Kurt. | 2006-01-09 21:56 | Books | Top |

<< 死神の精度 / 伊坂幸太郎(2度目) 血迷った買い物?ディオールのi... >>