ブログトップ | RSS | Blog Top |

1月に読んだ本   

毎月恒例になってる今月読んだ本を紹介。今月はかなり少なめ、年100冊の目標に早くも黄色信号?
あと今年から5段階評価を導入してみた。★が多いほど高評価になってるんで、★3以上はおすすめ。
うちが読んで損はないって思ってるのは★4以上だね。逆に★1は買うだけ損っていう感じなんで、
よかったら参考にしてみてね。(おすすめしてる本には無根拠だけど、絶対的な自信があるんで・・・)

陽気なギャングが地球を回す/伊坂幸太郎 ★★★★★
大きな熊が来る前におやすみ(新潮1月号)/島本理生 ★★★☆☆
ナンバーワン・コンストラクション(新潮1月号)/鹿島田真希 ★★★★☆
クワイエットルームにようこそ/松尾スズキ ★★★★☆
容疑者Xの献身/東野圭吾 ★★★★☆
バッテリーⅣ/あさのあつこ ★★★★☆
死神の精度/伊坂幸太郎 ★★★★★
愛がいない部屋/石田衣良 ★★★☆☆
バースデイ・ストーリーズ/村上春樹訳 ★★★☆☆
頼むから静かにしてくれ/レイモンド・カーヴァー ★★★☆☆

今月のNo.1は死神の精度。容疑者Xも直木賞とっただけあって悪くない。クワイエットとナンバーワンは
新しい発見って感じで新鮮だった。とくにナンバーワンのほうは新たな衝撃って感じ?まだ本には
なってないけど、これは個人的にかなりおすすめ。っていうかうちはかなり好きな感じだったよ。



a0023548_20272498.jpga0023548_20273415.jpga0023548_20274215.jpga0023548_20275147.jpg
a0023548_20275865.jpga0023548_2028685.jpga0023548_20281399.jpga0023548_20282047.jpg

[PR]

by Kurt. | 2006-01-29 20:30 | Books | Top |

<< 送りバントからの挑戦状を受けて... ダージュオブケルベロス FFⅦ... >>