ブログトップ | RSS | Blog Top |

オリバー・ツイスト   

毎月1日は映画の日ってことで今日はオリバー・ツイストをみにいってきた。みたのは日比谷のスカラ座
はじめていったとこだけど広いし、かなりきれいな映画館だったから快適に映画をみれたよ。

映画の方はというと、ストーリーはこれぞ古典って感じだったね。そしてこのストーリーから導かれる教訓は

人は見た目が9割(笑)

または

全ては運がものをいう

ってこれくらいしかないんじゃないかな?ってそれはひねくれすぎか?でもそんな感じなんだよなぁ。
はっきりいってオリバーが自分さえよければいいって感じがしちゃってあまり好感がもてない。
本人は直接的に悪事に手は染めてないけど、その恩恵をうけて生きれたのに、それを自分が
運よく助けられたら、簡単に前の悪党のことはなかったことにしたり、(もちろんいい暮らしのほうが
いいに決まってるけど)でもなんかね、オリバーって運がいいってだけでなんかまったく共感が
持てないのだよね。だから最後までみても別によかったね~とかいう感じにもならないし、

なんだかなぁ~

って感じが残るだけなんだよね。

ただ映画自体はなかなかよかったよ。イギリスなまりの英語とか、17,8世紀くらい(なのかな?)
のイギリスっていうかロンドンの街並とか雰囲気、衣裳はすごくよかった。街並はとくにセントポールを
のぞむ景色が印象に残ってて、狭い2車線の馬車道、その脇にあるさらに狭い歩道にたくさんの
人たちとか今も同じような光景がロンドンでもみられるし、そういう特徴があらわれててほんとよかった。

P.S.そういやこの映画アカデミー賞から総スカン食らってるみたいね。予告でアカデミー賞
最有力とかうたってたけど、どの賞にも全くノミネートされてされてなかったね。なんでだろう?

オリバー・ツイスト ・・・ ★★★☆☆

[PR]

by Kurt. | 2006-02-01 21:41 | Cinema | Top |

<< エキブロ開設2周年ってことで 送りバントからの挑戦状を受けて... >>