ブログトップ | RSS | Blog Top |

伊坂幸太郎情報   

仕事とイヴァリースを行き来する毎日。日に日にダメ人間となってる気がして仕方ない。ちなみに
イヴァリースの滞在期間は1日平均5時間って完全に異常。っていうか間違いなくゲーヲタだな。
でもまだ半分も進んでないっぽい。いったいクリアまでどれくらいかかるんだか?気になるところ。

って前置きはこの辺にしといて、伊坂さん情報いってみよう。

今日23日は伊坂さんの新作『終末のフール』発売日。ってことでさっそくゲットして読み始めたんだけど、
なんか明後日くらいにはあっさりと読み終わりそうな感じ。短編の連作なのでサクサク読めるから、
けっこう時間はかからなそう。いつものことながら、1つの作品ごとの読後感がほんとにいいんだよねぇ。
今のとこ読んだのは表題作の終末のフール太陽のシールの2つだけど、太陽のシールの終わり方はすごく好き。
ほんといいなぁ。まさにじーにあす(天才)。この才能がうらやましい。

あと今月は『エソラvol.3』にも伊坂さんの新作がでるからそちらも要チェック。エソラには他にも絲山秋子や
吉田修一の新作なども掲載されてるみたいなんでおすすめ。(吉田修一はエソラのvol.1でも短編を書いてる)

さらに小説すばるが伊坂さんの特集をやってて、過去の作品同士のつながりの図説とか、伊坂作品
用語辞典とかなかなかなかおもしろい内容となってたんで、こっちも要必見!ってことで読書の春は
伊坂さんの小説からはじめるのもよいのでは?とかいいながら全然本を読んでない自分。今年は
年間100冊ちょっと厳しいかもしれないなぁ。
[PR]

by Kurt. | 2006-03-23 08:18 | エッセー(日記系) | Top |

<< 花見したくありませんか? 更新遅延のお知らせ >>