ブログトップ | RSS | Blog Top |

イングランド決勝トーナメント進出!   

a0023548_11123643.jpg
ジェラードの追加点が入った時点で、勝ったと思ったんだけどなぁ。最後の最後にまた追いつかれるとは・・・38年の呪縛から開放されるチャンスだったのに。ほんと残念。最後の最後でラーションにやられたよ。っていうか途中交代で入ったキャンベルのミスなんだけど・・・。

でも、まぁ仲良く引き分けで、両チームとも決勝トーナメント進出決定!しかもイングランド1位通過なんで開催国のドイツとは決勝以外で当たることはないという幸運。これで40年ぶりのイングランド優勝も現実味を帯びてきたのでは?ちなみにブラジルとあたるとすると準決勝。2002年の借りを返す日は近い。

それにしてもジェラードはいいね。途中出場にもかかわらずここぞというとこで、きっちり点を取ってくれる。ほんと頼もしい男だよ。それに比べてランパードは、前の試合でもそうだったけど、シュートはずしすぎ。自分で行くのはいいけど、打つなら枠にシュートを飛ばして欲しいものだわ。今日はハーグリーブスがいたから、攻撃的に出ててもよかったけど、ジェラードと組むときは、ジェラードに攻めさせてあげてって感じ。

さらにこの試合ではルーニーの完全復帰っていう収穫もあったね。途中交代させられて、かなり本人はご立腹だったみたいだけど、あの調子ならスタメンでフル出場しても全く問題なさそう。っていうかフル出場してくれなきゃ、決勝トーナメントは困るんだけどさ。っていうのは試合開始早々にオーウェンが負傷退場。しかも接触プレーがあったわけでもなく、自ら倒れこんで担架で運ばれてたから。もしかしたら決勝トーナメントはオーウェン抜きで戦うことになるかもしれないんだよね。そうしたらルーニーはオーウェンの代わりにクラウチと2トップを組んでもらうことになる。イングランドの優勝のためにはルーニーの活躍が必ず必要になるはず。体のキレもよかったから今後期待大だね。
[PR]

by Kurt. | 2006-06-21 11:17 | Football | Top |

<< なんで日本は10時から2試合だ... 絶望的状況 >>