ブログトップ | RSS | Blog Top |

なんで日本は10時から2試合だったのか?   

日本対クロアチア戦。試合終了後のジーコのインタビューでジーコはテレビ局の制限があってこの時間に試合を2試合おこなわなくてはならなかったと発言していた。試合終了後は責任転嫁かよ!と正直思ったんだけど、よく考えたら事実をただ訴えてただけな気がしてきた。っていうのは日本対オーストラリア戦が10時からあるのは試合の日程からして少し不可解だったから。

予選リーグはA~Hまで、順番に試合がおこなわれていた。でもF組の日本戦はE組の試合より前におこなわれている。ここに問題があった。日本の大手広告代理店(電通)から大量の金がFIFAに支払われて、試合時間をずらしてもらったということらしい。テレビの視聴率を上げるためだけに酷暑の中で2試合やらされた選手達は、被害者以外のなにものでもない。相手と同じ条件だからとかいってられない。

FIFAが金満主義は有名なところなんだけど、そこで、こんなニュースがあった。ほんとは1時からと4時からで2試合がおこなわれるはずだったのに、テレビの都合であの時間で2試合をすることになっていた。さすがに選手に文句は言えない。実力が伴ってなかったというのももちろんあるけど、それだけじゃないはず。敗退の一番の原因は金儲けのために試合時間を変えた電通なのでは?ちなみに電通はアジアのW杯の権利を独占している。これが何を意味しているかはいうまでもない。
[PR]

by Kurt. | 2006-06-22 03:58 | Football | Top |

<< 残念でした。でもまぁこれが実力だね。 イングランド決勝トーナメント進出! >>