ブログトップ | RSS | Blog Top |

芥川・直木賞候補発表   

<第135回芥川賞候補作>
伊藤たかみ 『八月の路上に捨てる』 文學界六月号
鹿島田真希 『ナンバーワン・コンストラクション』 新潮一月号
島本理生 『大きな熊が来る前に、おやすみ。』 新潮一月号
中原昌也 『点滅……』 新潮二月号
本谷有希子 『生きてるだけで、愛。』 新潮六月号


<第135回直木賞候補作>
伊坂幸太郎『砂漠』 実業之日本社
宇月原晴明 『安徳天皇漂海記』 中央公論新社
古処誠二 『遮断』 新潮社
貫井徳郎 『愚行録』 東京創元社
三浦しをん 『まほろ駅前多田便利軒』 文藝春秋
森 絵都 『風に舞いあがるビニールシート』 文藝春秋


芥川賞候補では鹿島田真希 『ナンバーワン・コンストラクション』と島本理生の『大きな熊が来る前に、おやすみ。』は読んだことがある。たまたま新潮の1月号に舞城王太郎の『パインデットハウス』がのってたから、うちの上司から借りてたんだけど、『ナンバーワン・コンストラクション』は凄くよかった気がする。本でたら買おうと思ってたくらいなんで、かなりオススメ。島本理生のほうはそんなでもなかったかな?他のは読んだことないのでなんともいえない。

直木賞候補だと、やっぱ本命は伊坂さん。って単に伊坂さんファンだからそういってるだけだけど、でも『砂漠』って、個人的にはあんまり評価が高くないから、これで取られても微妙って感じはする。まぁとってほしいことには変わりないんだけど、ただ発売元が実業之日本社って文藝の出版社じゃないからちょっと微妙かな?って感じがするわ。両賞とも発表は七月十三日。
[PR]

by Kurt. | 2006-07-05 23:29 | Books | Top |

<< Micky is Burning 最近みた映画(DVDも含む) >>