ブログトップ | RSS | Blog Top |

好きな映画『REQUIEM 4 A DREAM』   

a0023548_171816.jpg今日はうちの大好きな映画『REQUIEM 4 A DREAM』を紹介。(Link先なんか怪しいけどちゃんとした映画のサイトなんで問題ないです)
 『レクイエムフォーアドリーム』の監督は『π』ダーレン・アロノフスキー。どっちの映画も音楽が超クールで、映像もすごく斬新で新鮮。ストーリーは孤独な未亡人サラ(エレン・バースティン)、サラの1人息子ハリー(ジャレッド・レト)、ハリーの恋人マリオン(ジェニファー・コネリー)がそれぞれドラッグに溺れ、禁断症状に悩まされ、絶望に向かい堕ちていくというもの。
 まずエレン・バースティンの演技がほんとすばらしい。よくこの役を受けたよなぁと思うくらい悲惨な状態に堕ちていくサラを熱演してて、みごとアカデミー賞の助演女優賞にノミネート。あとジェニファー・コネリーの妖艶な美しさは必見だね。ちょっとエロいとこもあるけど、ほんと美しい。
 うちがこの映画が好きなのは、ドラッグを扱っているけど、ドラッグを全く正当化してないとこ。ドラッグをやったものは三者三様に堕ちぶれていく。でもその様がなぜか美しい。
太宰の斜陽のような退廃の美学がそこにあった気がする。でもほんと救われない。絶望に向かってただ堕ちていくのみ。自分が(バッド)トリップしてるようなそんな感覚になる麻薬のような映画。でもほんと美しくて素敵。たくさんの人に見てもらいたい作品です。

    『REQUIEM 4 A DREAM』 …… ★★★★★
   退廃の美学を斬新な映像とクールな音楽で堪能あれ
[PR]

by kurt. | 2004-06-06 17:19 | Cinema | Top |

<< コカコーラC2 イングランド×アイスランド >>