ブログトップ | RSS | Blog Top |

お気に入りの映画 『さらば青春の光』(Quadrophenia)   

a0023548_20429.jpg下のアディダスのCMの元ネタの『さらば青春の光』
この映画、原題は『Quadrophenia(四重人格)』っていって、THE WHOのアルバムの「Quadrophenia」を元につくられてる。そのブックレットに30枚のフォトストーリーがあるんだけど、それには映画のストーリーそのままが写し出されてて、モッズの少年ジミーの孤独と、つかの間の陶酔から失意にいたるまでが描かれてる。

 この映画はモッズの文化のヴェスパ&ランブレッタ、ドラッグ、ロッカーズとの敵対、音楽、ファッションなどの全てがつまってて、モッズのバイブルといっていい作品。細みのスーツに軍物のコートを羽織って、過剰に装飾されたヴェスパにまたがり、週末にブライトンを目指す姿はやっぱりかっこいい。
でも彼らの現実の姿をみせつけられると、ちょっと切ない。
それでもやっぱモッズって憧れるなぁ。

 あとこの映画の邦題『さらば青春の光』っていうのはすごくいいタイトルだと思う。原題の四重人格じゃ何がなんだかわからないし、このタイトルって映画の全てを言い表わしてる感じがする。いやすばらしい。

 ちなみにこの映画のジミー役にははじめピストルズのジョニー・ロットンがあがってたんだけど、オファーしたら見事に断られたみたい。ジョニーじゃジミーのあのせつない感じはでなかったんだろうなぁ、、、

『さらば青春の光』 …… ★★★★★  うちにとっては永遠のバイブル


追記 このDVDイギリスで買ってきたのに、日本じゃコードの違いで見れないなんて、、、(ToT)
再追記 日本語版も結局買っちゃいました。
[PR]

by kurt. | 2004-06-10 20:43 | Cinema | Top |

<< ジョニー・デップ特集1『妹の恋人』 CM対決 アディダスvsナイキ >>