ブログトップ | RSS | Blog Top |

お気に入りの映画 シド&ナンシー   

a0023548_173658.gifサッカーネタが続いたんでちょっと息抜きでお気に入り映画
『シド&ナンシー』を紹介。
って息抜きにしては重い映画かもしれない、、、
内容はセックスピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスと恋人のナンシー・スパンゲンの破滅的な恋愛を美談として作り上げたもの。
これ初めてみた時はシド役のゲイリー・オールドマンがSex Pistolsのシドそっくりに見えたんだけどね、本物のシドに傾倒していくにつれ、そんなでもないなぁって思うようになっちゃった。それでもパンクが流行ってた時代の空気感とかは作られて手みててかっこいい。ただシドのナンシーの恋愛をかなり美化し過ぎた感じで写し出してるのがちょっとねって感じもする。
ただゲイリー・オールドマンがほんとかっこいい。この時からいかれた演技は最高。この映画に出たことで後の方向性が決まっちゃったんじゃないかな?って感じもする。それに比べるとジョニー・ロットン役はひどい。全く似てないどころか、ださださに描かれててなんか嫌になる。それともっとひどいのがナンシー役のクロエ・ウェブ。こいつは見れば見るほど腹がたってくる。とにかくうっさくて、叫びすぎ。うざいったらありゃしない。こいつが嫌であんまり最近は見る気がしない。
でも、この映画は何度も見ちゃうんだよね。たぶん破滅的な恋愛?っていうか退廃の美学に惹かれてるのかな?そういう部分はすごくかっこよくて素敵。あとゲイリーの着てる服はシド本人が着てたものを借りて製作されてるんで、その衣装にも注目。ってまあ上下レザーの完全なロッカーズスタイルなんだけどね。でもかっこいいんでぜひ見てくださいな。

シド&ナンシー …… ★★★☆☆
パンクとともに退廃の美学を学んでみては?
[PR]

by kurt. | 2004-06-13 17:38 | Cinema | Top |

<< お気に入りの音楽 NIRVANA EURO 2004 波瀾の幕開け >>