ブログトップ | RSS | Blog Top |

伊坂さん三昧   

最近、伊坂幸太郎さん関連の(?)イベントにいったり、映画を見たり、本を読んだりと
伊坂さんづいてる感じ。やっぱり伊坂さんの小説はいいなと再認識してるところ。

まず、先日は渋谷にて、伊坂さんのフルコースを堪能。ミニシアターでやってる『チルドレン』を
観賞後、ラッシュライフの表紙にも使われているエッシャーの絵を見に、bunkamuraの
スーパーエッシャー展へ。エッシャーの騙し絵って好きなんだよね。

チルドレン』はwowowでやってたドラマを劇場公開したものなんだけど、これが期待を
おおきく裏切る面白さ。
っていうのはたいてい原作を読んだことある映画っていうのは、
自分の頭の中で作り上げた世界のほうが面白いことが多いので。見ても微妙なことが多い。

ただこの映画に関しては、原作に手を加えてはいたものの、なかなか楽しめた。何より
陣内が想像通りだったところがよかったな。あのめちゃくちゃさ加減を実写化できるのは
すごいなぁと、素直に驚いてたし、原作に忠実に主役じゃないのに一番印象に残るって
いうのがとてもとかったわけで・・・って原作読んでない人には何のことやらさっぱり
わからないと思うけど、これは原作ぜひ読んでみて欲しい作品。もし映画がDVDとかに
なるようだったらレンタルでもいいから借りてみてほしいな。面白いこと間違いなし。

そしてエッシャー展だけど、音声ガイドの代わりにニンテンドーDSを貸してくれたんだけど、
これのおかげで音声ガイドのある絵のところで、人がたまって作品がゆっくり見れないという
障害が・・・。借りたのはいいけど、なんか自分のペースで見られないので音声ガイドは
使わずにもくもくと作品を見ていった感じ。もっと人が少なければいいんだけどねぇ。
まぁ、しかたないか・・・。なんか展覧会を落ち着いて見れないっていうのは損な感じ。

そして、昨日は1日で『重力ピエロ』を再読したんだけど、この作品が一番好きだと考えを
改めなおした。内容は少し重いけど、伊坂さん特有の軽快な台詞回しはとても読んでて
心地いいし、伊坂さんの作品に入るにはこれが一番いいんじゃないかと思ったりしたところ
(今までは『オーデュボンの祈り』を薦めてた)

まぁ、そんな感じで、個人的な伊坂さんブームはまだまだ続く予感。まずは『ラッシュライフ』を
もう一度読み直そうってことで、文庫を買おうかな?と思ってるところ。ハードカバーは持ってる
んだけどね・・・。電車で持ち運びはたいへんだからなぁ。あと『アヒルと鴨とコインロッカー』も
もう一度読みたいと思ってるとこなので、こっちも12月には文庫化されるみたいなんで、
文庫になったら即購入したいと思います。あと『アヒルと鴨とコインロッカー』は映画化される
みたいなんで、こちらも楽しみです。
[PR]

by Kurt. | 2006-11-19 13:14 | Books | Top |

<< 決戦の火曜日? パソコン復活 >>