ブログトップ | RSS | Blog Top |

本屋大賞のノミネート作が発表   

本屋大賞の一次選考が終了して、最終選考に残った10作が発表されました。自分が一次投票で投票した『夜は短し歩けよ乙女』も、ノミネートされてます。この小説はほんとオススメなのでぜひとも読んでみて。ちなみにノミネートされてる本の中でうちが読んでるのは、この『夜は短し歩けよ乙女』の他に『失われた町』と『終末のフール』の3点のみ。家に『陰日向に咲く』があったので、さっそく読んでみようと思います。まぁ個人的には最終選考の投票も『夜は短し歩けよ乙女』でほぼ決定なんだけどね。

■ノミネート作品【作品名五十音順】
 ----------------------------------------------
  『一瞬の風になれ』   佐藤多佳子/講談社
  『失われた町』     三崎亜記/集英社
  『陰日向に咲く』    劇団ひとり/幻冬舎
  『風が強く吹いている』 三浦しをん/新潮社
  『鴨川ホルモー』    万城目学/産業編集センター
  『終末のフール』    伊坂幸太郎/集英社
  『図書館戦争』     有川浩/メディアワークス
  『名もなき毒』     宮部みゆき/幻冬舎
  『ミーナの行進』    小川洋子/中央公論新社
  『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦/角川書店

 ----------------------------------------------
[PR]

by Kurt. | 2007-01-23 10:54 | Books | Top |

<< 渋谷系って感じ?マリー・アント... メガマック・・・もういらない >>