ブログトップ | RSS | Blog Top |

読書録 1月   

赤朽葉家の伝説 / 桜庭一樹 ★3.5
感想はこちらに

四畳半神話大系 / 森見登美彦 ★3.5
夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦 ★5
太陽の塔、四畳半神話大系、そして夜は短し歩けよ乙女で、妄想3部作完結?どれを読んでも
モリミーワールドにはまること間違いなし。うちは夜は短しを本屋大賞の1位に押すことはすでに
決定済み。彼のブログもかなり面白いので、必見。

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 (上)(下) / 皆川ゆか ★4
ガンダム好きの人は必読。これ読んでガンダムを見るとそういうことだったのか~とか、裏のこと
もよくわかる。やっぱアムロよりシャアのほうがいいね。赤はうちのパーソナルカラーだし好きだし。
関係ないけど、シャアの名前の元となってるシャルル・アズブールが現在来日中。

九十九十九 / 舞城王太郎 ★4
舞城といったらやはりこの作品。考えて読んではなりませぬ。この世界観を享受するのです。
つまりはDon't think Feeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeel!ってことで。

陰日向に咲く / 劇団ひとり ★3.5
正直劇団ひとりってすきじゃないんだよね。でもこの小説はなかなかよい。この人は文章が
ほんとにうまい。前半の作品にはちょっと涙腺がやられたけど、後半はちょっとな、悪くは
ないのだけど、前半がよすぎるからか物足りない感じ。本屋大賞にノミネートされてるけど
これがとるのはいやだな。

鴨川ホルモー / 万城目学 ★3.5
こちらも本屋大賞ノミネートっていうことで、買ってみた作品。可もなく不可もなくって感じで
何でこれがノミネートされてるんだろ?って感じ。この人とモリミーがともに京大卒で舞台も
京都。プチ京都ブーム到来の予感?
[PR]

by Kurt. | 2007-02-05 20:28 | Books | Top |

<< はっとしたハット おめでと~、熊夫婦書籍化 >>