ブログトップ | RSS | Blog Top |

やったね、オランダ EURO 2004 Group D   

a0023548_9212.jpg 死のグループと言われたGroupD最終戦。決勝トーナメント進出が決定してるチェコはネドベドなど主力を温存してドイツと対戦。試合はなんとしても勝って決勝トーナメントに進出したいドイツが試合の主導権を握り、先制点をあげる。左サイドのシュナイダーからの折り返しをシュバインシュタイガーが落とし、バラックが豪快なボレーシュート。ボールは勢いよくゴールに吸い込まれていった。でもドイツリードの時間も対して長続きはしなくてFKをハインツェが直接決め同点に。後半ドイツは猛攻をしかけるが得点できず、逆にバロシュにゴールを決められThe End。
 一方同時刻にスタートしたしてるオランダvsラトビアはオランダの攻撃力が爆発。一方的な展開に。ダーヴィッツが倒されて得たPKをファンニステルローイ(写真)が落ち着いて決め先制、2点目はゴール前こぼれたボールをファンニステルローイがヘディングで押し込む。すごく彼らしいゴールだった。後半途中出場のマカーイがだめ押しのゴールを決め3-0で勝利。オランダが2位で決勝トーナメント進出を決めた。
 Group Dは予想通りの展開で1位チェコ、2位オランダに。チェコは準々決勝でデンマークと、オランダはスウェーデンとの対戦になる。チェコはそれにしても強い。主力を温存してドイツに勝つなんて、日本はほんとにこのチームに勝ったのか?と疑いたくなる程。3試合とも逆転勝ちという勝負強さも目立つ。オランダは安定感はないにしろ、ファンニステルローイを中心とした攻撃力が魅力。ファンニステルローイはルーニーと並ぶ4得点で得点王候補筆頭にロッベンなどの若手の成長も著しく、攻撃が噛み合えばいい結果が残せるかもね。
 いつもながら試合詳細はEURO 2004 オフィサルサイトで、、、
[PR]

by kurt. | 2004-06-24 09:03 | Football | Top |

<< EURO 2004 優勝予想 ... ブリタニー・マーフィ好きかも、... >>