ブログトップ | RSS | Blog Top |

お気に入りの映画 『City of God』   

a0023548_161137.jpg ブラジル版「仁義なき戦い」とも称されてるこの作品。舞台はブラジル、リオのスラム街「City of God(神の街)」と呼ばれる所。その神の街で起きる絶えまない抗争のクロニクル(年代記)を描いた、ヴァイオレンスアクション。
 この映画は映像のセンスが半端なくいい。カット割からカメラワーク。どれをとってみても最高!緊迫感溢れる映像は必見。この映画は予告編がまたよかった。あれが全てを語ってるとも言えなくもないけど、でもあの予告をみたら興味を覚えるのは間違いないと思う。
 子供の頃から銃を使うのが当たり前の環境。世界から見捨てられた街での、銃、麻薬、犯罪、殺人、金。いろんなものが絡まり続く抗争、人の死、復讐、そしてラストへ、、、おごれるものもひさしからずただ春の世の夢のごとし。歴史はくり返され、神の街に平和が訪れることはあるのだろうか?きっとないのだろう。

『City of God』 …… ★★★★☆ 凄まじい現実を描き出した素晴らしい映像にただ敬服するのみ
[PR]

by kurt. | 2004-07-03 16:12 | Cinema | Top |

<< ありえね~ 『ジェイソンX』 スキン変更 >>