ブログトップ | RSS | Blog Top |

エソラの国語辞典は可能か?   

このところ小説以外の本をけっこう読んでるのだ。 もちろん小説も読んでるんだけど、
そういう本と平行して 2つ3つ雑学本みたいのを読んでるような状態が続いてる。
なかなか面白い本が多かったのでちょっと紹介。

エソラ vol.4

a0023548_1372158.jpg毎回伊坂さんの新作が載る不定期刊行の文芸誌。執筆人は毎回豪華で、今回は伊坂さんのほかに金原ひとみ、中原昌也、舞城王太郎などが寄稿してる。じつはまだ、伊坂さんと舞城の作品しか読んでない。二人の作品は外れないなぁ。って舞城は考えて読む本じゃないんで、何かを感じられればそれでいい(笑)今回は暴力の連鎖がテーマ?偶然と思われるものが必然みたいな。なんかすごいことになってる。


みんなで国語辞典!

a0023548_1373734.jpg全国の人から、辞書に載せたい言葉を募集をして、それをまとめた本。恒常的に使われてるけど、実は辞書に載ってない言葉とか、若者の間で使われてる流行言葉、ネット用語までが載ってる。こういう日本語の本ってうちは好き。その割には語彙が少ないんだけどさ…orz。
※orzってのもこの本にでてるんだけど、OTLとかいうのの類語って形ででてた。OTLって、そんな表記みたことないんだけどな…。むしろorzのほうが一般的でOTLとかいうのはマイナーじゃ?って思ったんだけど、この認識間違ってる?

「世界征服」は可能か?

a0023548_1374871.jpgまだ読みかけだけど、タイトルに惹かれて購入。オタキングこと岡田斗司夫が、いろんなアニメ、特撮などを例に出しながら世界制服をもくろむ組織の目的や、メリットなどをまじめに解説。言われてみればなるほどなぁってことも多い。世界征服するよりその技術使って金儲けしたほうが早くね?っていう単純な発想にクスッとなること間違いなし。小学生の頃の将来の夢に『世界征服』とか書いたことある人は一度読んでみるといいかも!


したのは読みかけの本達。単行本で一度読んでるから後回し。


グラスホッパー』伊坂幸太郎

スクールアタック・シンドローム 』舞城王太郎
[PR]

by Kurt. | 2007-07-07 13:16 | Books | Top |

<< セールで出会った素敵なもの 今月の読書録 6月 >>