ブログトップ | RSS | Blog Top |

2月の読書録   

気づけば、もう3月。というわけで、2月の読書録をアップ。毎月これ以外ブログに
アップしていないような気がします。過疎ブログへようこそ。おちこんだりもしたけれど、
私はげんきです。はい。糸井さんのコピーのパクリです。話には何にも関係ありません。
今月も読書の総量は少なめ。

『いつまでもデブと思うなよ』 / 岡田斗士男 ★★★☆☆
『親指の恋人』 / 石田衣良 ★★★★☆
『悪人』 / 吉田修一 ★★★☆☆
『映画篇』 / 金城一紀 ★★★☆☆
『私の男』 / 桜庭一樹 ★★★☆☆
『バフェットの教訓』 ★★★☆☆
『静かな爆弾』 / 吉田修一 ★★★★☆

『悪人』『映画篇』『私の男』と先月に続き、本屋大賞関連の本を読みあさった
っていう感じですかね。ここにあるほかに伊坂さんの『死神の精度』の文庫とか
先日出たばかりの村上春樹訳『ティファニーで朝食を』など、読みかけの本も
けっこう多かったり。ただ今月は星4つが2つもあるという、なかなかいい作品に
出会えた1ヶ月でした。『親指の恋人』はジャケ買いをしてしまった。今の自分の
気持ちにぴったりはまったというのもあったのかすごく心を打たれました。

『静かな爆弾』は2回も続けて読んでしまった吉田修一の最新刊で、これは
来年の本屋大賞に投票決定!いや~こんなに世界の見方を考えさせてくれる
素敵な作品にはなかなかであえないと思います。ほんとにいい作品なので、
ぜひ読んでほしいです。伊坂さんの『死神の精度』も読んだことない人は
文庫になったので読んでください。映画はイメージ違いすぎて観る気に
なりませんが、小説はほんとに最高なので、ぜひとも読んでほしいところです。
[PR]

by Kurt. | 2008-03-01 23:42 | Books | Top |

<< 書籍化決定! 1月の読書録 & 本屋大賞の話 >>