ブログトップ | RSS | Blog Top |

5月読書録   

毎月恒例の読書録。今月は9冊読了。うち3冊は再読。実験4号は短編だし。
なかなか月10冊のペースには戻らない。5月までの累計冊数は34冊って
ひどいペース。年間100冊の目標には届くのか?今月より短評形式で
書いてみることにした。今月の日経MJの書評に『ポジショニング戦略[新版]』と
いうのが載ると思うんだけど、それ書いたのうちです。よかったら読んでみて。
あと『終わりは始まり』にはうちの投稿した回文も掲載されてるので買ってください。

読了

オタク学入門 (文庫) / 岡田斗司夫 ☆3
オタクの定義および、オタクの資質、オタクのアニメの観方など、
なかなか興味深い内容の本だった。『オタクはすでに死んでいる
と併読をオススメしたい。オタクって奥が深い。

四畳半神話大系 (文庫) / 森見登美彦 ☆4
文庫化に際し、再読。男汁満載の森見節炸裂ファンタジー。
太陽の塔 』が好きな読者は満足できる1冊だろう。『夜は短し』の
路線が好きな人にはあまりオススメしない。

フラッタ・リンツ・ライフ (文庫) / 森博嗣 ☆4
『クレイドゥ~』が文庫化したので買おうと思ったら、
これだけ文庫で買ってなかったので、あわてて購入。
スカイ・クロラシリーズの起承転結の転にあたる部分。

実験4号 / 伊坂幸太郎 ☆3
DVDとセットで販売の短編。講談社らしい販売方法だ。
正直物足りない。「後藤を待ちながら」ってタイトルに
伊坂さんらしい、遊び心が感じられてていいね。

クレィドゥ・ザ・スカイ(文庫) / 森博嗣 ☆4
スカイ・クロラシリーズの完結作。謎は深まるばかり。まるで
デヴィット・リンチの映画をみてるよう。読む人によって解釈が
異なる。ただそれがこの作品の魅力なんだろうな。

不機嫌な職場(新書) / 高橋克徳.他 ☆3
自分の職場を不機嫌な職場から、ご機嫌な職場に変革したいと
思い購入。別に、うちの職場は適度な距離感を保ってて、仕事は
しやすいんだけど、もう少し改善の余地はあると思うのだよ。

ポジショニング戦略[新版] / アン・ライス ☆4
日経MJの書評用に購入。ポジショニングというマーティンぐ戦略に
関して書かれている本。これが面白い。6月の初旬の日経MJに
書評は載るはずなので、ぜひみてくださいまし。

シークレット・オブ・ベッドルーム / アーヴィン・ウェルシュ ☆3
トレイン・スポッティングのアーヴィン・ウェルシュの最新作。
こういう小説は最近読んでなかったから、懐かしいわ。酒・ドラッグ・
フットボール。This is サブカル小説。好きだわ。こういうの。

独身王子は早く死ぬ? / 牛窪恵 ☆3
独身男性は既婚男性より9年早く死ぬという衝撃的な統計を元に結婚は
いったい得なのか?もし結婚するなら、いつするのがいいか?と
いったことを分析した本。30代は読むとけっこう衝撃を受けるはず。

積読
はじめての課長の教科書 / 酒井穣(読みかけ)
遭難、 / 本谷有希子
百瀬、こっちを向いて。 / 中田永一
終わりは始まり / 中村航、フジモトマサル
新版 28歳からのリアル(読みかけ)
・ベストセラー小説の書き方 / ディーン・R・クーンツ(読みかけ)
・キャラクター小説の作り方 / 大塚英志
・ハリウッド脚本術

6月発売の新刊 購入予定
10日・いま、すぐはじめる地頭力 / 細谷功
18日・長い終わりが始まる / 山崎ナオコーラ
20日・さよなら渓谷 / 吉田修一
25日・スカイ・イクリプス / 森博嗣
27日・グ、ア、ム / 本谷有希子
27日・ラブコメ今昔 / 有川浩
[PR]

by Kurt. | 2008-06-01 18:14 | Books | Top |

<< 6月の読書録 元 カート→現 ユーヒチ >>