ブログトップ | RSS | Blog Top |

10月の読書録   

11月は読書強化月間!ってことで『アイスクリン強し』絶賛読書中。

10月の毒書録をアップしてないと思ったんだけど、10月は全然本を
読んでない。その数たったの5冊。それは書店員としてどうなの?
って思うのだけど、すぎてしまったことは仕方がない。
読んだのは下記の5冊。




読了

『ケルアックに学べ』 ★★★☆☆3.0

ケルアックの『路上』のサル・パラダイスの行動から学ぶ本。サルと実際の
ケルアックは全然違うやつで、神格化するのはやめたらどうだ!っていう
様な内容だった気がする。路上が好きな人は楽しめると思うけど、そうで
ない人は見ても何のことやらわからないと思う。ケルアックの路上は
新訳になってでてるので、読んでみるといいかも。

『モダンタイムス』 / 伊坂幸太郎 ★★★★☆4.0

伊坂さんの最新作『ゴールデンスランバー』と兄弟的な作品。『魔王』の続編。
とりあえず、物語にでてくるキーワードを検索してみるといいと思う。伊坂さんが
インタビューで言ってたことなんだけど、以下に風呂敷をたたまないままで
読者を納得させるか?っていうのを試してみた作品なのかもね。

『竹中式マトリクス勉強法』 / 竹中平蔵 ★★★☆☆3.0

なんだかやたらと売れてる本。何で読んでみたけど、そこまでバカ売れ
するような本でもない気がするのだけどね。ただ勉強をする内容を
マトリクスに落とし込むっていうのは参考になった。

『切れた鎖』 / 田中慎弥 ★★★☆☆3.0
三島賞を取った作品。三島賞ってけっこう壊れた感覚の人がとることが
多いのでけっこう好きなんだけど、この本もかなり壊れた感性の持ち主が
書いている。嫌いではないが好きでもない。 ただ感性に刺激を与える本で
あるのは間違いない。

『ぼくの好きな人が、よく眠れますように』 / 中村航 ★★★★☆4.0

中村航さんの最新作。胸がキュンとなる恋愛小説。 倫理的なことはこの際
おいといて、素敵な中村航ワールドを ご堪能ください。恋愛っていいねって
これを読むと思うはず。 女性から見てどうなのか?読んだ人はぜひ感想を
聞かせて 欲しいものです。まぐれと気まぐれとか、あとは木戸さん!
ほんと最高でした。もっともっと恋がしたくなります。文句なしの最高傑作です。

積読 (優先順位順)

・アイスクリン強し / 畠中恵(読み始め)
・チェーン・ポイズン / 本多孝好
・衝動買いしてもらう21の法則 (読みかけ)献本
・「考え方」の考え方 / 指南役(読みかけ)献本
・相手を洗脳する文章テクニック(読みかけ)献本
・終わりは始まり / 中村航(読みかけ)
・好き好き大好き超愛してる / 舞城王太郎(読みかけ)
・ディスコ探偵水曜日(上)/ 舞城王太郎(読みかけ)
・ディスコ探偵水曜日(下)/ 舞城王太郎

アイスクリン、チェーン・ポイズンは買ったばっかり。
献本でもらった3冊はどれも7割くらい読んでるんで、
もうすぐ読み終わるところ。ディスコを読まなきゃと
思うのだけど、辞書並みの本を持ち歩くのはやはり難儀だ。

放置中
・28歳のリアル(読みかけ)
・ベストセラー小説の書き方(文庫) / クーンツ(読みかけ)
・キャラクター小説の作り方(文庫) / 大塚英志(読みかけ)
・ハリウッド脚本術
・2次会へは行くな(読みかけ)
・課長の教科書 / 酒井穣(読みかけ)
・村上式シンプル英語勉強法 / 村上憲郎(読みかけ)

10月までの累計で74冊。残り3ヶ月で26冊と毎年の目標、年間100冊に
黄色信号ともる?9冊平均で何とか100冊。ちょっとペースをあげて
いかんとなぁ。とりあえず、読みかけのものを片っ端から片付けよう。
というか読みかけの本が多すぎじゃないか?
[PR]

by Kurt. | 2008-10-31 11:57 | Books | Top |

<< 勇気はあるか? 9月の読書録 >>