ブログトップ | RSS | Blog Top |

ジェフ市原vsレアルマドリード   

a0023548_23585228.jpg
 今日は白い巨人レアルマドリードの日本公演の初戦。対ジェフ市原戦が国立競技場であったんだけど、やっぱりレアルは面白いサッカーをみせてくれるね。今日の試合は日本代表の試合より数倍面白かったわ。
 まず先制したのはなんとジェフ。ロベカルの株を奪うようなマルキーニョスの弾丸のようなFKが相手ゴールに突き刺さり先制。これが相手に火をつけたのか試合は面白くなった。面白い様にパスをつないでくレアルはグティ、ラウルのゴールで逆転し、後半終了間際にもソラーリが決めて結果は3-1。実力の差を十分見せつけてくれた感じだね。でもジェフも若手中心なのに、よく戦ってたと思う。日本代表よりやりたいことがはっきり見えてたし、レアルをよく苦しめてたんじゃないかな?
 逆にレアルは時差ぼけとか色々疲れもたまってると思うけど、本気モードでしっかり試合をしてくれたからよかった。まずラウルとモリエンテスの2トップ、やっぱこの2人の組み合わせがうちは好き。ロナウドはいらないと思うんだけど…左のグティは調子よさそうだね。フジで様づけしてたけど、なんでも様つければいいってもんじゃないっていうの。
 右サイドのフィーゴは全盛期のキレがないあなぁ?って思うけど、1つ1つのプレーはやっぱうまいし素晴らしかった。ベッカムのボランチは個人的にあまりよく思ってないんだよね。ベッカム好きだからやっぱ彼には右のサイドでばんばんクロスをあげて欲しいなぁ。だからフィーゴを左に持ってきて、ベッカム右でグティがボランチがいいって思うんだけどカマチョさんどうよ。ボランチのベッカムは能力が十分発揮できてないからもったいないよ。
 あと思ったのはレアルは選手層が少し薄いよね。たしかにソラーリ、ジダン、ロナウドはベンチスタートだったけど、ソラーリを除いた途中出場した3選手は、やっぱり能力が劣りすぎて話にならないって言う感じだったよね。3冠を制するには選手層の厚さがもうちょっと必要な気がする。その為にも生え抜きの選手をもっと育てていかないといけないと思うなぁ。
 あと思ったのはベッカムとかレアルの選手のパスはほんと優しいね。次のプレーをしやすいようなパスを出すからただの横パスでもマイナス気味には出さないで、少し前に出すとか些細なことだけど、こういうプレー1つ1つに日本との実力の差をつくづく感じたね。こういうプレーを日本にはまねしていって欲しいなぁってつくづく思った今日の試合だったよ。
[PR]

by Kurt. | 2004-07-30 00:01 | Football | Top |

<< 事実は小説より奇なり 電車男 祝 訪問者10000人突破! >>