ブログトップ | RSS | Blog Top |

なでしこジャパン、、、残念   

 昨日は準々決勝で世界ランク2位のアメリカと対戦したなでしこジャパン。全体的に攻め込まれる場面が多かったものの、組織的な守備で完全に崩されたゴールはなかった。まぁ完全に崩された場面(っていうか個人のドリブル)もあったけど、そこからの失点はなかったから、よかったと思う。
 前半の日本の失点は連携ミスの部分が大きかったと思う。あれもアメリカの個人にやられたっていう感じだったんだけど、一人が持ち込んでDFが一度とめたんだけど、こぼれたボールをもちこまれて、浮いたボールをキーパーがこぼしての失点。ちょっともったいなかったっていうような気もする。
 でも後半開始早々に日本もFKから流れたボールが直接相手ゴールに入り、追いついた。アメリカははっきりいって動きよくなかったと思う。というか後半の途中までは日本はいい動きをしてた。ただ不可解なジャッジで2点目をアメリカに献上することになる。右サイドからのアメリカのFK。日本は相手が蹴る直前にラインを上げてオフサイドを狙った。アメリカの選手二人くらいは完全にオフサイドのはずだったのに線審は旗を揚げずにノーオフサイドでキーパーと1対5でアメリカがらくらくと2点目を入れる。あの線審のジャッジはちょっとおかしかったよね。後半終了間際も完全にオフサイドだったのをとらなかったし、主審はむしろ日本びいきっぽいジャッジをしてたけど、あの線審はアメリカびいきだったのかな?
 まぁでも審判の言うことは絶対何で仕方ない。そのあと日本も何度か攻めてたけど、シュートが枠に行く事があんまりなかったから、負けは仕方ないかな?って感じ。逆にアメリカに追加点を許してもおかしくないようなシーンが何度もあったからね。まぁでも、よくがんばったと思う。負けは残念だけど、今回の五輪で注目されたことによって女子サッカーっていうもの自体に注目が集まるといいんだけどね。
[PR]

by Kurt. | 2004-08-21 11:14 | Football | Top |

<< トラボケ初参加、、、 200記事記念?のはずが...... >>