ブログトップ | RSS | Blog Top |

柄になくちょっとまじめな話。でも大切なこと   

 今年はアメリカの大統領選が11月くらいにある。アメリカ人じゃないうちが口出しをする問題ではないんだけど、こんだけ世界を混沌とした状態に陥れた張本人であるブッシュが再選される可能性があるっていうアメリカの現状っていうのはどうなんだろう?って思う。うちらからみたらブッシュが落ちるのは当然だと思うんだけど、いまだに対抗馬のケリーとの差が大きくあるわけじゃなく、接戦の模様を呈してる。そこにまた厄介なのがネーダーの存在。こいつへ票が流れると、前回のようにブッシュが再選される可能性がある。それだけはあってはならないことだと思う。

 そして、日本。小泉首相は夏休みを満喫中。華氏911で自爆テロがおきたときに、何もせず絵本を読んでいたブッシュ同様に、彼も何も動かなかった。まず、沖縄でヘリが墜落した事件が起きたのをみんなは知ってると思うけど、落ちたヘリに日本人は全く近づくこともできずに、アメリカ軍が大学への立ち入りを禁止。全てアメリカ軍のやり方で問題をうやむやにした。そしてすでにヘリの飛行は再開してる。これに対して日本は何も手を出してない。沖縄知事とかが、色々やってるのに、馬鹿小泉は夏休みだから関係ない。そんなんでいいのか?日本の主権ってものは存在してないのだろうか?アメリカ軍の基地の中での治外法権は認められてるが、今回のは日本の領土内で起きた事件なのだから、日本のやり方で処理してももんだいないはず。つまり沖縄は戦後59年もたったいまでもアメリカの植民地と変わりがないとアメリカは思っているっていうことだ。



 ことは、それだけじゃない。アメリカは日本の憲法9条を変えろとまで、言ってきている。何か間違ってはいないだろうか?日本はアメリカの属国ではない。人の国の憲法にまで口出しをする権利がどこにあるというのだ?そもそも日本は平和憲法を持っていたからこれまで反映してこれたというのがあるはず。たしかに安保の問題でアメリカに完全に頼り切ってるところはあったが、アメリカの州ではないんだから、憲法に口出しするなんていうのは言語道断なことだと思う。それだけじゃない。経済連は武器の製造を部分的に認めさせようと政府に働きかけている。これもまた間違った方向へ進んでいる証拠だと思う。日本が武器を作ってどうするんだろう?それによって日本と関係ない国の人が死んでいったら?そんなことは考えたくもない。だからこれは認めるべきではない。それに日本は非核三原則というものをもっていたはずだ。それなのにアメリカは原子力水母を日本に常駐させようとしてるし、全てが悪い方向に進んでいるような気がしてならない。

 日本は戦争ができるようになっちゃいけない国だ。だから憲法9条を改正するのも間違ってるし、武器なんか作ってもいけない。こういう問題を国民の意思を無視して展開している政府にまかせていると、気づいた頃には自分たちや自分の子供が戦争に行かなきゃ行けないって事だって起こりうる。だから無関心であって欲しくない。ちゃんと政治に関して国民はちゃんと監視をしていかなきゃいけないと思う。だからどうか無関心にだけはならないでほしい。そんなことをちょっと思ってみた。
[PR]

by Kurt. | 2004-08-26 23:58 | エッセー(日記系) | Top |

<< サッカーニュースあれこれ 雑文 なんとなく自分のことにつ... >>