ブログトップ | RSS | Blog Top |

カテゴリ:Cinema ( 140 )   

| Top |

アップルシード   

a0023548_222452.jpgだいぶ前になるんだけど『アップルシード』をみた。この映画はほんとクオリティーが高いアニメでねぇ、すごくかっこよかった。
まずこの映画は3DCGのアニメっていうのが新しいと思った。ってこれじゃ説明不足か、、、アメリカのフルCGのアニメ『ファインディングニモ』とかと違って、CGっぽくないっていうか、アニメ(マンガ)に近い記号化されたCGなんだよね。だから一見したら平面のアニメをみてるような感じなの。でも3Dだから細かい動きが表現できるし、空間や奥行きが画面にあらわれてて、平面的なアニメと違ってアクションやカメラワークが生きるっていうのかな?そんな感じ。
この映画では実際の人が演技して、そのモーションを使ってアニメに起こしてるから、動きがリアルで違和感がない。ただそこには矛盾が生じてるわけでアニメっていうのは記号化され表現なんだけど、それをよりリアルな現実に近づけていく。なんかちょっと不思議な感覚。
この3DCGアニメは日本のアニメに新しい道を切り開いたんじゃないかな?ってうちは思う。日本は『ニモ』みたいなフルCGアニメよりは宮崎駿作品を代表とする記号化されたアニメのほうに親近感がわくと思うし、それは日本独自の文化で、世界に誇れるものだと思う。だからこういう感じの3DCGのアニメは日本のアニメの表現力を高めていくのに必要になっていくんじゃないかな?って思った。
あと、この映画音楽もめちゃめちゃかっこいいんで、アニメだってなめてかからないほうがいいと思う。ストーリーもちょっと考えさせられるものだし、みて損はないんじゃないかな?ってもうこれ公開は終わってるか、、、ビデオ(DVD)になったらぜひみてみて。
『アップルシード』 …… ★★★☆☆
これがアニメの未来系

[PR]

by kurt. | 2004-06-09 22:26 | Cinema | Top |

踊る大捜査線2(白)   

a0023548_204413.gif 今日は『踊る大捜査線2』の白いほう『BAYSIDE SHAKEDOWN』ってのを借りてきました。あれは赤いのと何が違うのか、よくわかんないで借りて来ちゃったんだけど、やっぱしそれなりには面白かった。でもまぁテレビの延長戦上にあるって感じだから、わざわざ映画館行かなくてやっぱ正解だったとも思ったけどね。
ただこの映画公開された時は記録的な大ヒットを記録で、
リピーター続出とか言ってたけど、これ何度もみてどうするんだろう?ってちょっと思ったんだけど、、、まぁ考え方は人それぞれか。
 映画で思ったのはすみれさん(深津絵里)ってやっぱかわいいねぇってこと。なんなんだろ?あのかわいらしさは?ああいう感じ好きだなぁ。あと沖田警視正(真矢みき)。役だから仕方ないけど、ああいう人はすっごいむかつくね。自分が全て正しいと思ってて、人を上からみてる感じ?ああいうの苦手だしほんとむかつく。で、ミスは認めないし、最悪だね。
 それと忘れちゃならないのが和久さん(いかりやさん)存在感。ラスト病院で去っていく時の背中がすごくせつなくて、、、もう2度と戻ってこないって思うと悲しくなっちゃった。
 それにしてもこの映画はまだ続くのかな?フジテレビにしてみれば金になるからねぇ、、3も公開されるのかな?もしされるとしても、もう人が死にかけるってパターンはいいかな?って感じ。でもそういうのないと盛り上がらないか、、、はたして人気シリーズはいつまで続くのやら、、、

      『踊る大捜査線』 …… ★★★☆☆
        TVの2時間スペシャル豪華版?
[PR]

by kurt. | 2004-06-08 20:45 | Cinema | Top |

好きな映画『REQUIEM 4 A DREAM』   

a0023548_171816.jpg今日はうちの大好きな映画『REQUIEM 4 A DREAM』を紹介。(Link先なんか怪しいけどちゃんとした映画のサイトなんで問題ないです)
 『レクイエムフォーアドリーム』の監督は『π』ダーレン・アロノフスキー。どっちの映画も音楽が超クールで、映像もすごく斬新で新鮮。ストーリーは孤独な未亡人サラ(エレン・バースティン)、サラの1人息子ハリー(ジャレッド・レト)、ハリーの恋人マリオン(ジェニファー・コネリー)がそれぞれドラッグに溺れ、禁断症状に悩まされ、絶望に向かい堕ちていくというもの。
 まずエレン・バースティンの演技がほんとすばらしい。よくこの役を受けたよなぁと思うくらい悲惨な状態に堕ちていくサラを熱演してて、みごとアカデミー賞の助演女優賞にノミネート。あとジェニファー・コネリーの妖艶な美しさは必見だね。ちょっとエロいとこもあるけど、ほんと美しい。
 うちがこの映画が好きなのは、ドラッグを扱っているけど、ドラッグを全く正当化してないとこ。ドラッグをやったものは三者三様に堕ちぶれていく。でもその様がなぜか美しい。
太宰の斜陽のような退廃の美学がそこにあった気がする。でもほんと救われない。絶望に向かってただ堕ちていくのみ。自分が(バッド)トリップしてるようなそんな感覚になる麻薬のような映画。でもほんと美しくて素敵。たくさんの人に見てもらいたい作品です。

    『REQUIEM 4 A DREAM』 …… ★★★★★
   退廃の美学を斬新な映像とクールな音楽で堪能あれ
[PR]

by kurt. | 2004-06-06 17:19 | Cinema | Top |

TUBE TALES (チューブテイルズ)   

a0023548_205626.jpg今さらなんだけど、今日は『チューブテイルズ』を紹介。
ロンドンの地下鉄(通称チューブ)を舞台にした9つの物語がおりなす、チェーンストーリーで、笑いあり、ちょっとHな話あり、涙あり、不思議な世界ありと、9通りの楽しみがある、お得な作品。監督にはユアン・マクレガージュード・ロウもいて、全体的にオシャレな感じっていうか、スタイリッシュな映像が、すごくかっこいい。
 9つの話の中でうちは『スティールアウェイ』ってラストの話が一番好き。美しく悲しい物語でほんと素敵。あとは2話目の『ホーニー』ってちょっとHなコメディ。これも面白いね。
 この話のスタート地点「Bethnal Green」って駅なんだけど、うちの友達が前にそこ住んでて、うちも1ヶ月そこに居候してたこともあってなんか懐かしいんよね。他の話もそれぞれ魅力あるのでおすすめ。
それにしてもロンドンの乗り物ってほんとひどい。まず時間通りに来ることないしさぁ、ダブルデッカー(2階立てバス)なんて時刻表通りに来ることはほとんど期待できなくて、30分待ってやっと1台来たと思ったら、そのすぐ後ろに次のバスが来てたり、ほんとハチャメチャ。チューブはすぐ止まるしねぇ、、、うちが聞いたのでひどいのは電線に落ち葉が引っ掛かったから地下鉄が運休にって、、、そんなのありえないでしょう。でもほんとに止まってるんだよね(苦笑)あとたまに駅通り過ぎるしさぁ、日本じゃあり得ないことが、普通におこる。本と適当な国ですわ。でもロンドンって魅力いっぱいなんだよね。また行きたいなぁって思う今日この頃なのでした。

       『チューブテイルズ』……★★★★★ 
      スタイリッシュでいい感じ。お勧めです。
[PR]

by Kurt. | 2004-06-05 20:57 | Cinema | Top |

ゴーストワールド   

a0023548_21251.gif スカーレット・ヨハンソンスティーブ・ブシェミ出演って事で『ゴーストワールド』の話でもしようかと思います。ってブログのお姫様をみてそういやって思って書きはじめたんだけどね、、、
 うちはこの映画かなり好き♡何がってストーリーがよかった。高校を卒業しても明るい未来があるわけでもなく終わったの世界(ゴーストワールド)で生きていかなきゃならない。その世界から旅立つために最後の来るはずのないバス停にとまったバスに乗ってイーニドは旅立ったってうちは解釈した。でも旅立った先も結局変わらない終わった世界なんだと思う。それじゃあ救われないけど、結局、現実にあるこの世界が『ゴーストワールド』なんじゃないかな?って思った。
 ってそれにしてもこのイーニド(ソーラ・バーチ)。うちそっくり(顔じゃないよ)イーニドがいってた誰にも何もいわずに誰も知らないどこかへ旅立つ。これうちも昔、考えたことあるんだよね〜。それに髪を緑に染めたり、聴く音楽も本物のパンク(初期パンク)ってなんか昔を思い出す、、、ってさすがに緑色にはしてないけど、、、ショッキングピンクとか真っ白とか、、、むちゃしてたわf^ ^;
 そうそう肝心なこと忘れてた。スカーレット・ヨハンソンだけど、周りが個性強かったからかもしれないけど、ちょっと印象薄いっす。きれいだったんだけどね、やっぱ『ロストイントランスレーション』が彼女の当たり役だったんじゃないかな?
 ブシェミはいけてない音楽おたく役でシェイク啜ってるとこが笑えた。やっぱいい味出してるね。ブシェミ最高!

『ゴーストワールド』 …… ★★★★☆ ほんと、いい映画です。
[PR]

by Kurt. | 2004-06-04 21:26 | Cinema | Top |

アンダー・ワールド   

a0023548_222420.jpg きょうは『アンダー・ワールド』のDVD借りてきました。
 主演はケイト・ベッキンセール。『パールハーバー』にでてるみたいだけど、初めて聞く名前だ。けっこうきれいな人で、映画の雰囲気にはあってた。たぶん続編も作られそうな感じだからもうちょっと知名度も広まるんじゃないかな?
 ストーリーは、ヴァンパイアとライカン(狼男)の戦争の中でケイト・ベッキンセール演じるヴァンパイアがライカンの男に恋をするってけっこうありがちなストーリー。映像は色彩が抑えられてて全体的に青く暗い、そのダークな雰囲気はとてもcoolだった。でもそこまでゴシック色は強くなかった感じ。ボンテージっぽいレザースーツやヴァンパイアの人達が着ていたドレスもかっこよかった。
ただヴァンパイアやライカンが銃を使って戦う姿はなんか違和感があって、ライカンは狼男に変身したほうが強いのに、はじめは人間の姿で戦ってる。あと1400年にも及ぶヴァンパイアとライカンの戦争のはずが、けっこうあっけなく、型がついちゃうのもちょっと、、、ヴァンパイアの長老達がけっこう簡単に殺されてて、どうやって戦争を切り抜けてきたのか?ちょっと謎だ。もうちょっとストーリーに奥行きが欲しかったなぁ。
あと銃弾の命中率低すぎ(笑)マシンガンや二丁拳銃でめちゃくちゃ打ちまくってるのに、ほんと当たらない当たらない。マトリックスとかもそうだけど、無闇にぶっぱなしすぎでしょ?ってかあれは壁を狙って撃ってるのかなぁ?って思うくらい人より壁に弾が吸い込まれてく。でもって、こういうアクションってなぜかラストは銃捨てて素手での格闘になるんだよね?なんか変な感じ。

評価 『アンダーワールド』 …… ★★★☆☆ 映像はなかなかcool!
[PR]

by Kurt. | 2004-06-02 22:25 | Cinema | Top |

ビートル・ジュース   

a0023548_222251.jpg←マイケル・キートンとウィノナ・ライダー
懐かしい映画。『ビートル・ジュース』ティム・バートンの初めてのオリジナルな作品。まぁ前に『ピーウィーの大冒険』っていう映画もあるけど、あれは雇われ監督って感じだったから、これがオリジナルとしては初といっていいんじゃないかな?そういやピーウィーのポップな感じってビッグ・フィッシュのメルヘンな世界観に似通ったとこある気がする。ただ個人的にはピーウィーあんまりお勧めできません。
『ビートルジュース』のストーリーは超大雑把にいってマイケル・キートン演じるベテルギウスがいろいろ騒動を起こすって感じ。この映画はコメディだけど、あまり笑えなかった。ゴスの格好をしたウィノナ・ライダーがいるんだけど、これがすごくかわいい。彼女の役はティム・バートンの趣味全開って感じで徹底したゴスの少女役です。赤いウェディングドレス姿のウィノナはほんとにかわいい。そこがこの映画の見どころかな?他はあんまりねぇ、、、なんでこの映画もあんましお勧めはできないdeath。

『ピーウィーの大冒険』 ……★☆☆☆☆ ピーウィーがキモい
『ビートルジュース』  ……★★☆☆☆ ゴスのウィノナに★★
どっちもあんましおもしろくないです。
[PR]

by Kurt. | 2004-06-01 22:24 | Cinema | Top |

Lost In Translation   

a0023548_17572.jpg 前回の予告通り、今回は『Lost In Translation』を紹介。ただこれもう公開は終わっちゃってるかも、、、f^^;
 監督・脚本はソフィア・コッポラで、名監督のフランシス・フォード・コッポラの令嬢なんだけど、彼女の経歴は彼の名を必要としてないって感じで、ファッションブランドのX-Girlをキム・ゴードンと立ち上げ、フォトグラファー、モデルとして活躍、シャネル等のデザイナー、カール・ラガー・フェルドの元でデザインを学び、デザイナーとして、MILK FEDを立ち上げた。

 そして『ヴァージンスーサイズ』で監督デビュー、今作でアカデミー賞の脚本賞を受賞。どうして1人の女性にこんなに恵まれた才能と美貌を与えるのかなぁ?「どれか一つでいいからわけてよ」って思っちゃう。ほんとうらやましい限り、、、

続きを読む?
[PR]

by Kurt. | 2004-06-01 15:29 | Cinema | Top |

スティーブ・ブシェミ   

a0023548_9840.jpgビッグ・フィッシュでもいい味出してた俳優スティーブ・ブシェミを知ってる?上の写真の人なんだけど、、、カルト的な人気があるみたい。俳優というよりは怪優って感じでちょっと変わった人の役をよくやってるんだよね。
代表的な出演作は以下の通りで、太字はうちが観た作品。
『レザボア・ドッグス』『ゴースト・ワールド』『ファーゴ』『ビッグ・リボウスキ』『デスペラード』『アルマゲドン』
うちのイメージでは単館系の映画によく出てるって感じだったんだけど、けっこう大作にもでてるんだね、、、ってビッグ・フィッシュも大作にはいるのかな?まあいいや。
彼の演技で印象的なのはの『レザボア・ドッグス』でのミスター・ピンク役やゴールデングローブ賞に輝いた『ゴースト・ワールド』でのイーニドの不思議な恋人役『ビッグ・リボウスキ』でのリボウスキの友人役など。
彼の役ってたいてい変なとか不思議なっていう形容がつく気がする。ただそういう役やらせたらほんといい味だしてるんだよね。
ビッグフィッシュ』でも、ノザー・ウィンズローって変わった詩人の役を彼は演じてた。「草は緑 空は青 スペクターは最高!」って長い間スペクターに滞在して創作活動をして3行しか詩がなくて、エドワードに影響を受けて外の世界を見ようとスペクターを出たと思ったら銀行強盗働いてみたり、その後は大金持ちになってたし、、、エドワードに負けない不思議な人生を歩んでるよね。アザーストーリーとしてノザーを中心とした話を作ってみてもおもしろいんじゃないかなぁ?って思ったんですけどどうですかね?
で、彼の今回の見どころはスペクターの町での輪舞のとこで、市長の後ろをものすごい間抜けな感じで笑いながらほんっとに楽しそうに踊ってるんだよね。あれは思わずこっちも笑っちゃうし、楽しけりゃそれで幸せって、そんなふうにあのシーンでは思っちゃった。
ところで『ゴースト・ワールド』はうちの好きな映画の一つなんだけど、『ロストイントランスレーション』でうちが虜になったスカーレット・ヨハンソン嬢もでてるの。ただ印象としてはイーニド役の人(名前知らない)やブシェミの方が断然に強いんだけどね、、、ただ『ロストイントランスレーション』もすごくいい感性の映画なんで観た方がいいと思いますよ〜。
では次回は『ロストントランスレーション』を勝手に評価しちゃいます

今日の映画評価はブシェミ出演作

『レザボア・ドッグス』 …… ★★★★★
『ゴースト・ワールド』 …… ★★★★☆
『ファーゴ』      …… ★★★☆☆
『ビッグ・リボウスキ』 …… ★★★★☆

※ ★☆☆☆☆……超駄作 金と時間かえせ〜!
  ★★☆☆☆……駄作  悪くはないけど、びみょ〜。
  ★★★☆☆……普通  なかなかいい感じ。
  ★★★★☆……名作  いい感じ、みたほうがいいですよ〜
  ★★★★★……超名作 すばらしい。見なきゃそんそん
[PR]

by Kurt. | 2004-05-30 09:09 | Cinema | Top |

BIG FISH   

a0023548_162552.jpgえっと、記念すべき第一回は『BIG FISH』。
『ビッグフィッシュ』はうちが一番好きな監督のティム・バートンの最新作で、彼の最高傑作じゃないかな?って感じです。

彼の主な作品は『ピーウィーの大冒険』『ビートルジュース』『シザーハンズ』『バットマン』『バットマンリターンズ』『エドウッド』『ナイトメアビフォアクリスマス』『マーズアタック』『スリーピーホロー』『猿の惑星』です。
他の映画に関しては後日お話するとして、今日の話題は『BIG FISH
これは今までのティム・バートンにはなかったハッピーな映画で、得意のメルヘンな世界観、ゴスっぽいダークな魔女が出てきたり、身長が5m巨人が出てきたり、摩訶不思議な虚構と現実の世界が展開されてます。過去と違うところは孤独感があまりないっていうところですかね。シザーハンズや、ナイトメア、エドウッド、バットマンもそうなんだけど、周りの人にうけいれてもらえないっていうのがいつものパターンなんだけど、今回は確かに息子に始めは受け入れてもらえないってのがあるけど、誰からも好かれる父親が主役。最期は息子にも受け入れられてハッピーに終わる。今までにないパターン。いつものゴスな雰囲気も大分押さえられてて(ってティム・バートンの妻でヘレナ・ボナム・カーターの存在自体がゴスな気もするけど)癖がなくて誰にでも見れるような映画でした。

この映画の見せ場はやっぱラスト、息子が父親の最期を作って話す時ですね。そのシーンで泣きましたね。ほんとやられました。そのあとの葬式のシーンで虚構の世界だと思われてた人達がみんな来てて、どこまでがほんとで嘘なのか、、、わからなくなりました。ただ一つ疑問。父親から話を聞いているだけで、顔を観たことないはずなのに、葬式でちらっとその人を観ただけで話の人だって気付くのはどうして?って余計なつっこみはおいといて、とにかくこれは超傑作です。観て損はないと思います。ただ一緒に見に行った子は途中で寝てたんで途中眠気に注意です。
P.S.ブシェミの演技に注目!

  評価 …… ★★★★★ ティム・バートンの最高傑作!
[PR]

by Kurt. | 2004-05-29 16:27 | Cinema | Top |