ブログトップ | RSS | Blog Top |

カテゴリ:Cinema ( 140 )   

| Top |

最近みた映画(DVDも含む)   

a0023548_22164124.jpg ・・・ ★★★★☆

北極の神秘的な自然とそこに住む動物たちの姿を映し出した素敵な映画。弱肉強食の自然摂理と厳しい環境で生きる動物たちの姿、そして北極の氷はとても美しい。中でもシロクマの親子の1年はかわいらしくていい感じ。洞穴にもぐりこもうとしてる熊の姿とかめっちゃ愛らしくてよかったな。他の動物達もみんな厳しい環境で生きてる。1000km旅するとか、動物の世界は不思議がいっぱいだわ。ディープブルーや皇帝ペンギンなんかが好きな人にはおすすめの映画。ただ地球温暖化の影響でこの世界はもうすぐ消えてしまうかもしれないというメッセージが最後の凍ってない海をシロクマが泳ぐ姿に象徴されて印象的だった。ちなみにタイトルの横にいるのは犬じゃなくてシロクマ(ホッキョクグマ)の子供。

ある子供 ・・・ ★★★☆☆
昨年度のカンヌでパルムドールを取った作品。子供がいることもきちんとした生活をすることも、愛もまだ何も実感がないブリュノ(主人公の男)の気持ちは少しわからないでもない。でも子供をお金になるからといって、簡単に売ってしまうなんてありえない。それを知った彼女が倒れたところで自分の犯した罪に気づくなんて、ほんとどうしようもないと思うけど、人間って気づいたときにはすでに遅いってよくあることだよね。人間は変われる。それが最後の涙に集約してるのかな?いい映画らしい。うちにはそのよさがいまいちわからなかったけど・・・

シン・シティ ・・・ ★★★★☆
ロバート・ロドリゲス監督作品で、特別監督にタランティーノがクレジットされてるいるってことは、はずれなわけがない。映画の内容はともかくとして、モノクロを有効に使った映像美は秀逸。出演者も豪華だしなかなかおもしろい映画だった、やっぱモノクロ画像に1色だけ(特に赤がきれいで好き)の配色って好きだわ。
[PR]

by Kurt. | 2006-07-05 22:52 | Cinema | Top |

花よりもなほ & 乱歩地獄   

花よりもなほ ・・・ ★★★☆☆
岡田君主演で是枝監督(これえだって読むんだね。知らんかった。)作品の時代劇。
それなりによかったけど、とびぬけたとこはなかった気がする。無難な映画?って感じかな?
ただ『桜がいさぎよく散るのは、来年また咲くからだ』っていう考えは素敵だと思った。
ひとつ忘れてた、この映画のメインテーマはすごく耳に残る素敵な音楽だよ。
映画とは関係ないけど、是枝監督の『ワンダフルライフ』はすごく好きな映画。

●乱歩地獄 ・・・ ★★★★☆
浅野忠信主演のオムニバス作品。江戸川乱歩の原作を3人の監督が映像化。どの作品も
アーティスティックな雰囲気でとてもよかった。なかでも芋虫の松田龍平はかっこよかったし、
あの作品の美的感覚はとても美しかった。暗くて、美しくて、妖艶で、少し狂気的。見事に
自分の感性を捕らえる、ほんといい作品だったわ。あと衣装がほんとに素晴らしかった。
舞台衣装みたいな感じだけど、あんな服普段着てたらとても素敵だろうなぁ・・・って現実
離れしてるのは間違いないだけど・・・
[PR]

by Kurt. | 2006-06-07 22:56 | Cinema | Top |

最近みた映画とかDVDとか   

嫌われ松子の一生 ・・・ ★★★★☆
今まで見た邦画のベスト5には入ると思われる良作。ほんとセンスのいい映画。特に色彩感覚が抜群によかった。出演者もすごく豪華。ちょい役にけっこう色んな人が出てたりして、そういうのをみるだけでもおもしろいかも。ストーリーはほんと救われない話なのかなぁ?でもみてて、なんかいい気分になれる素敵な映画だったと思う。映像の感覚としてはビデオクリップを見てるような感じだったかも。あと中谷未紀の舌がなまめかしくて妙にエロかった・・・。伊勢谷もかっこいいし、音楽もかなりいい感じ。

空中庭園(DVD) ・・・ ★★★☆☆
角田光代原作の空中庭園の映画化。主演は小泉今日子。彼女もだいぶ老けたなぁと思わせる作品。正直ホラーって感じだった。とにかく小泉今日子が怖い。原作の雰囲気を生かしてたけど、本よりより狂気な感じが強調されてたかな?新興の住宅街の撮影場所が家の近くで見覚えのあるところだった。

ターネーション(DVD) ・・・ ★★☆☆☆
ガス・ヴァン・サントとジョン・キャメロン・ミッチェルがプロデューサーってことで気になってた映画。ジョナサン・カウエットっていう人が自らのプライベートビデオをiMovieで編集して映画化したドキュメント。制作費がものすごく低くても映画は作れるんだっていうのを証明した映画ってことでサンダンス映画祭とかでかなり評判を呼んだみたいだけど、正直あんまりおもしろい映画ではなかった。

●ウォークザライン(DVD) ・・・ ★★★☆☆
ホアキン・フェニックス主演でリーザ・ウィザースプーンにアカデミー賞の主演女優賞をもたらした映画。ジョニー・キャッシュっていう人の伝記映画で、時代的にはロカビリー?の頃なのかな?音楽はノリノリですごくよかったけど、なんでこれでリーズ・ウィザースプーンがアカデミー賞を受賞できたのか?よくわかんないわ。

●キングコング(DVD) ・・・ 採点不可
その日の気分が乗らなかったかもしれないけど、キングコングが出てくる前に見る気がなくなっちゃった。原因は、ナオミ・ワッツ。うちは彼女好きじゃないってことを忘れてた。なんも考えずにみれる映画をと思って借りたんだけど、これは完璧に選択ミス。お金無駄にしたなぁ。
[PR]

by Kurt. | 2006-06-03 21:53 | Cinema | Top |

陽気なギャングが地球を回す ロマンはどこだ?   

a0023548_1717461.jpg
伊坂さん原作の『陽気なギャングが地球を回す』の映画を見てきまたよ。原作が大好きなんで自分の持ってる小説のイメージが崩れると嫌だなぁとか思ってたんだけど、始まってすぐのとこで、これは全くの別物って頭の中を切り替えてみたら、かなりおもしろい映画だった。

原作とのイメージが違うってずっといってた佐藤浩一=響野もみた感じはけっこうありだったな。演説もうまかったし・・・そんな演説の中で「夢は誰かに引き継がれてるのです」っていう考えは舞城の短編にでてきた気がするんだけど、勘違いかな?でもあんなに批判しまくってごめんなさいって感じ。

この映画で一番よかったのはファッションだろうな。とにかく派手でオシャレ。ストライプのスーツとか禁酒法時代のギャングが着てそうな雰囲気でよかった。あんなスーツして仕事してたらおかしいかな?おかしいよね(笑)あと、松田翔太のかっこうもよかった。彼がかぶってるハンティング帽みてたら、欲しくなっちゃった。茶色のハンティングをCA4LAでもいってみてこようっと。

ストーリーのほうは細かいところで変更があったんだけど、それはそれでありだった。成瀬と雪子は惹かれあってるっていう展開はちょっとどうかなぁ?って思ったけど、その他はおおむね好感の持てるものだったし最後の展開も少し意外だった。って原作何度も読んでたんで、なんとなく読めたけどね。細かいギャグというか笑いも色んなとこで織り込まれててかなり楽しめたよ。

とにかく、な~んも考えずにみて、楽しめるエンターテイメント映画。日本映画にしては珍しいタイプの映画だと思うな。松田翔太もかっこいいし、ぜひとも見にいって欲しい映画だわ。
[PR]

by Kurt. | 2006-05-17 17:13 | Cinema | Top |

ランドオブプレンティ  &  さよならCOLOR   

a0023548_20284868.jpg

ランド・オブ・プレンティ』 ・・・ ★★★★☆


ヴィム・ヴィンダース監督作品。ラナ役の女の子がかわいかった。9・11後のアメリカの姿を
映し出した素敵な映画。「生きている限り、新しい明日が訪れる。その貴重な明日を貴方は
誰とどこで過ごしますか?」っていうメッセージが心に染み入る。考え方、世代、価値観、
人種が違っても人々は一緒にやっていけないのか?いややっていけるはず。そんなことを
考えさせられた映画だった。ただこれみて、うちはやっぱりアメリカが嫌いだと再認識しちゃった。
音楽もKID A期のレディオヘッドみたいな雰囲気の曲がとてもよかった。
a0023548_202942.jpg

さよならCOLOR』 ・・・ ★★★★☆


人気ブロガーcolorさんの為の映画ではなくて、竹中直人が活動休止中のSUPER BUTTER
DOGの曲「さよならCOLOR』にインスパイヤされて作られた映画。ヒロインの原田知世が
とにかく美しい。彼女はもうすぐ40だって。見えないよなぁ。彼女とだったらぜんぜんOKだもん
(って何が?)ここ最近、彼女はとても好きな女優さんになってる。映画のほうは竹中直人が
とてもいい味だしてるし、ストーリーも映画の雰囲気も全てがいい感じ。たくさんのミュージシャン
がちょい役でゲスト出演してたりするのもいい感じだったな。うちが過去に見た邦画の中で
ジョゼに次いでNo,2のいい映画だと思う。
[PR]

by Kurt. | 2006-05-14 20:36 | Cinema | Top |

ブロークンフラワーズ   

a0023548_21453519.jpg
右ひじが痛い。ってのっけから関係のない話からはじめちゃったけど、今日は新宿の小さな映画館で映画を見てきた。みてきた映画は『ブロークンフラワーズ』ビル・マーレイ主演、監督はジム・ジャームッシュ。カンヌのパルムドールでグランプリに輝いた作品。簡単にストーリーを説明すると年老いたドンファンの元に1通の手紙が贈られてくる。その手紙にはあなたと別れたあとに子供を生みました。その子は今年で20歳になります。と書かれていた。そして彼はその手紙の差出主を探す為に20年前に付き合っていた5人の女性に会いにいくというもの。

おもしろい映画ではあったんだけど、ジム・ジャームッシュの映画ってなんか眠くなるんだよな。場面転換で毎回暗転するのが原因かもしれない。(最近の映画ではあんまり暗転ってしないんだけど・・・)だからまずは眠気と戦いながら映画を見てたんだけど、それなりにおもしろかったよ。だって、ビル・マーレイの表情が最高なんだもん。彼なくしてこの作品はありえなかっただろうな。色んな状況にぶち当たったときの彼の表情がほんとおかしいんだよね。全体的にも哀愁を漂わせてて、なんかいい感じ。全然かっこよくないんだけど、素敵なんだよね。フレッド・ペリーのジャージ姿も似合ってていいんだよなぁ。(これみて欲しくなった)彼の表情や格好を見るだけでもこの映画見る価値はあると思ったね。
[PR]

by Kurt. | 2006-05-10 22:00 | Cinema | Top |

最近みた映画(DVDを含む)   

イン・ハー・シューズ ・・・ ★★★☆☆
キャメロン・ディアスしわがけっこう目立つし、20代の役はちょっと厳しいかなぁ。自堕落的に
生きてきた女性の再生って感じの素晴らしい演技だったんだと思うけど、役柄に好感が
持てなかった。むしろ姉役の人のほうがよかったし好感持てた。

SAW2 ・・・ ★★★☆☆
最後のオチがなぁなんか納得いかないんだよねぇ。っていうか映像が痛い。ほんと目を
背けたくなるような場面が多々あって、見てるのが辛かった。

ブラザーズグリム ・・・ ★★☆☆☆
久々のテリー・ギリアム作品に期待大だったんだけど、、、こんなもんかって感じ。
モニカ・ベルッチは美しかったけど、他には特に見所はないかな?グリム童話に
出てくるモチーフが至るとこにあったけど、だから何?って感じだったし・・・
あと最後心臓刺されたのにマット・デイモンはなんで生きてるんだ?

ドミノ ・・・ ★★★☆☆
ビッチなキーラ・ナイトレイのショートカット姿はかなりいい感じ。実在した人物の話
(公開直前に亡くなった)っていうのがすごいなぁと思うわけですよ(サンボマスター風)
ミッキー・ロークも風格があってよかったなぁ。チョコ役の人がかっこいい。ってうちは女か!

V フォー ヴェンデッタ ・・・ ★★★☆☆
ナタリー・ポートマン、やっぱレオンのときが一番かわいかったなぁ。この映画では
あんまりかわいくない。あと結局何が言いたいのかよくわからなかった。Vの仮面を
かぶった人がトラファルガー広場とか多い尽くすシーンは馬鹿馬鹿しくてなんか
笑えたけど・・・。
[PR]

by Kurt. | 2006-04-26 23:03 | Cinema | Top |

エリザベスタウン   

a0023548_17594693.jpg
今日は、休日だけど全く予定がなかったのでTSUTAYAでDVDをかりてきた。何を借りてきたかというとオーランド・ブルーム主演のエリザベスタウン。共演はぶちゃいくちゃんことキルステン・ダンスト、今回もけっこうぶちゃいくだった(笑)ぶちゃいくぶちゃいくいってるけど、うちは彼女のことけっこう好きなんだよ。今回もぶちゃいくさの中にかわいらしさもあったし、見かたによってはかわいいと思うんだけどね、ただぶちゃいくに見える確率が他の女優さんに比べると多いのは間違いないんだけど、、、

まぁ、そんなことはどうでもいいか。だってこの映画の見所は彼女じゃなく、オーランド・ブルームとストーリーにあるからさ。とにかく、この映画みてうちはたくさんの涙を流しちゃったよ。何がいいってやっぱ家族愛とか、町の人に愛されてるお父さんとの思い出とか、どれも、涙腺が緩むこと間違いなし。そしてメインのテーマになってる音楽も素敵で、感動を増幅してくれるんだよね。あんなふうに旅するのはきっといいんだろうなぁ。それにしても、ほんといい映画をみさせてもらったよ。最後にひとつだけ気になったんだけど、10億ドルもの損害をだしたあの靴って、どこか問題だったんだろうね?それだけがわかんなくてちょっと気になったわ。

エリザベスタウン ・・・ ★★★★★

[PR]

by Kurt. | 2006-04-23 18:05 | Cinema | Top |

プロデューサーズ ミュージカル映画っていいよね   

a0023548_18591961.jpg
水曜日はレディースデーということで映画を見てきたよ。って男の自分には全く関係ないんだけど・・・みてきたのは『プロデューサーズ』トニー賞12部門受賞のブロードウェイミュージカルを、多くのオリジナルメンバーを配して映画化されたこの作品。主演のネイサン・レインとマシュー・プロデリックの2人がとにかく最高!

ダンスあり、笑いありではじめっから終わりまで全くあきさせない。とくにマシュー・プロデリック(写真中央)の表情とかヒステリーになった演技とかは秀逸。この人すごいよ、ほんとに。あとユマ・サーマンもセクシーだったし、ほんと文句の付け所がない最高のエンターテイメントだわ。ミュージカル映画ってけっこう好きなんだけどその中でもこれは群を抜いていい映画だったと思うね。何度でもみたいと思った映画だよ。

プロデューサーズ ・・・ ★★★★★

[PR]

by Kurt. | 2006-04-19 19:42 | Cinema | Top |

ロマンはどこだ? 陽気なギャングが地球を回す   

a0023548_1035491.jpg
伊坂幸太郎原作の『陽気なギャングが地球を回す』が5月に公開されるんだけど、それに先駆けて
陽気なギャングのオフィシャルサイトがオープンしてる。それがめちゃかっこよくていい感じ。なにより
オシャレなんだよね。特に松田翔太と、鈴木京香がいいね。かっこよすぎ。大沢たかおも
小説の成瀬のイメージ通りだしこれは期待大だなぁ。小説自体が映画をイメージされて書かれてる
感じだったから、それを映画化して面白くないわけがないよね。合言葉は


ロマンはどこだ?


これにきまり!
[PR]

by Kurt. | 2006-04-16 10:13 | Cinema | Top |