ブログトップ | RSS | Blog Top |

カテゴリ:Cinema ( 140 )   

| Top |

休日はゆっくりDVDでも、、、Part1  ブリジットジョーンズの日記2   

今日は暑いのでクーラーかけた部屋(27℃)に引きこもってDVD三昧ってことで、だらだらと家でDVDみながら
過ごしてるところ。ちょっと一休みってことで見たDVDの感想でも書こうかなぁって思ってPCの前にこうやって
座ってる。バックに流れるサントラはエゴラッピン「満ち潮のロマンス」夏の夕方にぴったりの音楽はとても心地
よく耳に響いてる。そんな中見た映画をこれから紹介。
a0023548_17315647.jpg

今回紹介するのはブリジット・ジョーンズの日記の第2弾『きれそうなわたしの12ヶ月』ってこれタイトルなげ~よ。
まぁいいや。ブリジット・ジョーンズの日記は前作もすごくいい映画だと思ったんだけど、この2も負けず劣らずの
素敵な映画に仕上がってたよ。

★レニー?レネー?どっち?
[PR]

by Kurt. | 2005-08-03 17:50 | Cinema | Top |

The Island     

a0023548_1133841.jpg
まさにハリウッド超大作っていう映画『アイランド』普段なら完全にスルーする映画なんだけど、
予告編をみたときの映像の感じが気に入ったのと(未来の街並みの描写とかが素敵だった)
こういう映画の主演が意外って思ったユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソンがでてたから
(あとブシェミもね)さっそくみにいってみた。

みた第一印象は意外に面白いじゃんって感じ。正直ハリウッドの超大作って大味すぎで細かい部分が
ひどいっていうイメージがあるんだけど(思いっきり偏見だね)この映画は確かに大味ではあったけど、
その大味さ加減が映画をあきさせないでみさせてくれてた。

ありえね~って思ったとこはいくらでもあったし、カーチェイスのシーンとかある車が出てきた
瞬間にこのあとのことが予見できちゃったり、看板が出てきた時点でこれ落ちるなとか。予想
通りの展開がまた面白かったなぁ。最後の荒野に白い服着た人がいっぱいの場面とか、なんか
2001年宇宙の旅の猿みたいな不思議な感じだったなぁ。最初に飛び出してくおっちゃんの
演技がまたよかった。

あと、プーマの靴とかサイバーな衣装とかがいい感じだったね。それと忘れちゃいけないのが
スティーブ・ブシェミ。いつもながら強烈な印象を残してさっていったって感じ。やっぱいいなぁ。
スカーレット・ヨハンソンに服を渡すときに、こっちは夜の趣味って言ってたくさんのコスプレ衣装
奪い取ってたのが面白かった。ただ今回のブシェミけっこうかっこいい。なんかそんな気がしたよ。

あと、スカーレット・ヨハンソン、ロストイントランスレーションのときはいいなぁって思ったんだけど、
この映画ではあまりきれいに見えなかったんだよなぁ。逆にユアンはかっこよかった。めがねかけた
優男系のユアンがうちは好き。

アイランド ・・・ ★★★☆☆

[PR]

by Kurt. | 2005-07-30 11:11 | Cinema | Top |

サイドウェイ ダメおやじ達の恋愛事情?   

a0023548_2133322.jpg
さて、映画の批評第2弾は『サイドウェイ』今年のアカデミー賞の伏兵で5部門を奪取したこの作品。
なかなか面白い作品だったなぁ。「人生の寄り道」ってなんか素敵な感じだと思わない?っていうか
うちの人生全てが寄り道っていう気がしなくもないんだけどね(笑)なんかスローな感じがとても好き。

主人公の親友の浮気性のおっさんは気に食わなかったし、それにくっついてく中国系の人も女性も
なんかあまり好きになれなかったのでそっちの関係はどうでもいいとして、(って言うか結婚直前に
浮気はいかんだろう)マイルスとマヤの関係がなんかもどかしくもなんかいいなぁって思った。

ああいう感じで、じっくり熟成していくような恋っていうのもなんかいいよね。これからうちもゆっくり
熟成した恋をしていきたいななんてね。そうそう、この映画のどかな田園風景もなんか癒されて
いい感じだった。ワイン好きならより楽しめるオトナな映画だとうちは思ったよ。

サイドウェイ ・・・ ★★★☆☆

[PR]

by Kurt. | 2005-07-17 21:35 | Cinema | Top |

カンフーハッスル ハッスルなんてしないし、、、   

a0023548_16535997.jpgさて今日はこれから書きだめてた映画(っていうかDVD)と本の感想などを
アップしまくっていく予定。まず第1弾は今日みたDVDから「カンフーハッスル
ありえね~。とか宣伝してたけど、、、面白くなくてありえね~これ。
っていう意味だったとは気がつかなかった。

っていうのはテレビでやってた予告編で映画全部いいあらわしちゃってるの。
あれがこの映画の面白いとこ全て。それ以上のものはどこにもなかった。
少林サッカーのときもそうだったんだけど、笑おうと思ってDVD借りたのに
全く笑えないこの悲しさ、、、なんか少し憤りを感じるんだけど、この矛先は
いったいどこにむけたらいいの?なんて思ってるんだけどねぇ。

この映画の主役?のチャウ・シンチーってうちあんまり好きじゃないんだよね。
つ~か、この映画はお笑い向けに作った感じじゃないよね。ブルース・リーとか
ジャッキー・チェンの昔のカンフー映画のオマージュっていう感じ?だから自分の
期待してた方向と映画の内容が違ったから面白くないって感じたのかも
しれないわ。ってか宣伝の仕方が悪い。そうだな。うん。

印象に残ったのは斧頭会のへっぽこさと、あのださい踊り(笑)なんかあのノスタルジックな感じは
悪くなかったけど、組のボスがよわっちいのがうちとしてはいかがなものかと、、、。ああいう組のボスなら
絶対的な強さと非道さを持ってたほうがいいとおもうんだけどなぁ、、、まぁ可もなく不可もなくって感じの
映画だからテレビでやってたら見たらいいっていう感じの映画じゃないかな?これは。

カンフーハッスル ・・・ ★★☆☆☆

[PR]

by Kurt. | 2005-07-17 16:57 | Cinema | Top |

チャーリーとチョコレート工場ってタイトルはないよなぁ・・・   

a0023548_9332862.jpg
ジョニー・デップ×ティム・バートンの最強タッグが組んだ「チョコレート工場の秘密」
全米公開が7/15に迫ってきたこともあって、(日本の公開は今秋だそう)
海外のオフィシャルサイトが更新されて最終的なTrailer(予告編)が公開されてる。
前回の予告編はまさにイッツアスモールワールドって感じだけだったけど、今回は
映画の全貌がみれるようになってる。予告編みてるだけで、ほんと早くみたいって思う。
だってウンパルンパがロボットダンス踊ってたり、シンクロの飛び込みしてるし、、、
ティム・バートンのポップなセンスが全開だもんね。ジョニーの怪演ぶりも素敵。

あと海外のサイトはFLASH版もオープン。ゲームや壁紙なんかもあるよ。

a0023548_9563311.jpg

それと、日本語版のポスターがあるんだけどさ、、、(上の画像ね)
このタイトルのロゴデザインってどうなの?なんか全然いけてない気がするんだけど、、、
ってかタイトルもさ「チョコレート工場の秘密」でいいじゃん、わざわざ原題を
日本語に置き換えて「チャーリーとチョコレート工場」ってこのタイトルのつけ方は、
センスなさすぎだと思う。ってかありえなくない?うちはタイトルの変更を希望したいな。

[PR]

by Kurt. | 2005-07-05 10:02 | Cinema | Top |

バットマンビギンズ っていうかゲイリーでしょ。   

a0023548_1940018.jpg現在公開中の『バットマンビギンズ』、ゲイリー・オールドマンみたさに
いってきたよ~。今回は珍しく悪役ではなく、正義をつらぬく警官役で、
ちょっといつものイメージとは違うんだけど、かなりおいしい役だったん
じゃないかなぁ?でもこういうゲイリーより、悪役のゲイリーのほうが
うちはやっぱ好きなんだよなぁ。かなりふけた役をしてるから、ゲイリー
ファンとしてはちょっと物足りなさもあったり、、、でもこういう演技も
できるっていうのはやっぱすごいなぁって思ったよ。

そんでもって、この映画みにいったもうひとつの理由はメメントの監督の
クルストファー・ノーランが監督だったからなんだけど、う~ん、なんか
物足りないっていうか、お金はかかってるんだろうけど、違うなぁっていう
印象がものすごく強かった。やっぱ彼は、こういう大作には向いてない
んじゃないかなぁ?メメントがよかっただけに残念。

あとね、バットマンっていうとやっぱ、ティム・バートンのバットマンの
印象が強すぎるからさ、、、それを超えてないとこの映画ってどんなに
面白くても物足りなくなっちゃうと思うんだよね。バットマンって聞くと
マイケルのあのバットマン~♪ってのが浮かんできちゃうからやっぱ
ティム越えはならなかったっていう感じだな。

ここからはネタばれがあるので見たい人は要注意
[PR]

by Kurt. | 2005-06-29 20:21 | Cinema | Top |

Ray   音楽の神に愛された男   

a0023548_2392429.jpg
火曜はメンズデーってことで、「Ray」を借りてきたよ。主演のジェイミー・フォックスがアカデミー賞の
主演男優賞を獲得したこの映画。後半の演奏のシーンなんかをみてると、ほんとにレイ・チャールズが
そこにいるっていう感じがしてびっくり、、、そりゃ主演男優賞もとるわな~って妙に納得。

ただ最後のほうのシーンでサングラスをはずして目が見える状態になってるジェイミー・フォックスは
あまりいただけなかったかな?っていうかそれまで、サングラスとかのおかげで本人そっくりって
思ってたのに、眼をみちゃうとやっぱレイじゃなくてジェイミーなんだよね。そのへんはちょっと残念。

でね、単純だからこの映画を見てたらレイ・チャールズのベスト盤がほしいなぁって思ったわけ。
以前、手塚の「メトロポリス」が映画化されたときに「I can't stop lov'in you」を聴いて、ベストは
一度買ったことがあったんだけどさ、、、無職でお金に困ったときに売っちゃったんだよね。だから
また聴きたいなぁって最近思い出したから、こんどTSUTAYAで借りてこようって思った。

映画に関しては、子供のときを振り返るシーンのビンの色がとてもきれいだったのがすごく印象的だった。

Ray ・・・ ★★★★☆

[PR]

by Kurt. | 2005-06-14 23:09 | Cinema | Top |

モーターサイクル・ダイヤリーズ   

a0023548_2227504.jpg
革命家・エルネスト・ゲバラが革命家になるきっかけを作った、青年時代の南米横断の旅を描いたこの作品。
めっちゃよかったわ~。今日DVD借りてきてみたんだけど、やっぱ男同士の友情って心打たれるなぁ・・・
男友達がいないうちには、実生活でこういう友情ってものをもったことがないもので、なんか憧れる。

この映画の主演はガルシア・ベルナル。彼の出演作の「アモーレス・ペロス」や「天国の口、終りの楽園。」も
すごくいい映画だったけど、今回の「モーターサイクル・ダイヤリーズ」はその2つを超えるいい作品だった。

革命家チェ・ゲバラのゲバラ日記っていうキューバ革命後ボリビアに渡ったゲバラの日記は読んだ事が
あるんだけど、このモーターサイクル・ダイヤリーズ(確か元は モーターサイクル南米旅行日記って
タイトルだった気がするけど)のほうは読んだ事がないんだよね。この映画みたら読みたくなってきたわ。

映画を見てて思ったのはね、このエルネスト青年。馬鹿正直なとこがあって、それを正直に口に出しちゃう
とこがあったんだけど、(病院の先生が書いた小説の感想をいうところとか)どこかの誰か
そっくりじゃない?(笑)表現が陳腐すぎるし、読むに値しないとか、書いた本人目の前にして言い放つ
ところなんか、ほんとそのままだね。

あとはね、映像をモノクロにするだけでどうしてあんなに映像の中にいる人が美しく見えるんだろう?
これはモノクロ写真でもそうだけど、普段見てる風景が全く別のものに見えて、よく見える。なんか
ちょっとずるいよね。コントラストをちょっと強めにするとよりよい感じ?ってこれは関係ないか。

そう、あと最後にどアップで写るおっちゃん。あれ誰?ずいぶん長い時間アップでうつってるけど、
先住民の人だとは思うんだけどさ、、、なんか気になったよ。

モーターサイクル・ダイヤリーズ ・・・ ★★★★☆

[PR]

by Kurt. | 2005-06-09 10:51 | Cinema | Top |

どうやって映画を見ますかにトラバ・・・   

って自分の企画にありかな~と思って・・・書いてみることにするの?うん。する。ってなぜか
一人二役演じてるみたいだけど(特に意味はない)うちが映画を見に行くのは一人での場合と
女性と行く場合の2種類がある。男同士で映画行くことはまずない。ってかうち男友達がいない
んで、必然的に男と見に行くことって全くといっていいほどないんだよね。

女性同士ならいいけど、男同士で映画みるってなんかいかがわしい感じがするのはなぜだろう?
うちが男嫌いだからかな?まぁそんなことはどうでもいいや。本題のうちがどうやって映画を見るか
以下に箇条書きしてみるよん。

More
[PR]

by Kurt. | 2005-06-03 23:23 | Cinema | Top |

クローサー「Hello,Stranger!」 そして今の自分   

a0023548_1828396.jpg
「hello,stranger」ナタリー・ポートマンのはじめのこのセリフに心を打ち抜かれたって感じ。
ブログのタイトルまで変更しちゃおうと思ったくらい、この言葉好きだな。ってことで画像下の
コメントにしちゃった。ってわけで、みてきた映画クローサーほんとよかったわ。


More
[PR]

by Kurt. | 2005-06-01 23:23 | Cinema | Top |