ブログトップ | RSS | Blog Top |

<   2004年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

| Top |

スティーブ・ブシェミ   

a0023548_9840.jpgビッグ・フィッシュでもいい味出してた俳優スティーブ・ブシェミを知ってる?上の写真の人なんだけど、、、カルト的な人気があるみたい。俳優というよりは怪優って感じでちょっと変わった人の役をよくやってるんだよね。
代表的な出演作は以下の通りで、太字はうちが観た作品。
『レザボア・ドッグス』『ゴースト・ワールド』『ファーゴ』『ビッグ・リボウスキ』『デスペラード』『アルマゲドン』
うちのイメージでは単館系の映画によく出てるって感じだったんだけど、けっこう大作にもでてるんだね、、、ってビッグ・フィッシュも大作にはいるのかな?まあいいや。
彼の演技で印象的なのはの『レザボア・ドッグス』でのミスター・ピンク役やゴールデングローブ賞に輝いた『ゴースト・ワールド』でのイーニドの不思議な恋人役『ビッグ・リボウスキ』でのリボウスキの友人役など。
彼の役ってたいてい変なとか不思議なっていう形容がつく気がする。ただそういう役やらせたらほんといい味だしてるんだよね。
ビッグフィッシュ』でも、ノザー・ウィンズローって変わった詩人の役を彼は演じてた。「草は緑 空は青 スペクターは最高!」って長い間スペクターに滞在して創作活動をして3行しか詩がなくて、エドワードに影響を受けて外の世界を見ようとスペクターを出たと思ったら銀行強盗働いてみたり、その後は大金持ちになってたし、、、エドワードに負けない不思議な人生を歩んでるよね。アザーストーリーとしてノザーを中心とした話を作ってみてもおもしろいんじゃないかなぁ?って思ったんですけどどうですかね?
で、彼の今回の見どころはスペクターの町での輪舞のとこで、市長の後ろをものすごい間抜けな感じで笑いながらほんっとに楽しそうに踊ってるんだよね。あれは思わずこっちも笑っちゃうし、楽しけりゃそれで幸せって、そんなふうにあのシーンでは思っちゃった。
ところで『ゴースト・ワールド』はうちの好きな映画の一つなんだけど、『ロストイントランスレーション』でうちが虜になったスカーレット・ヨハンソン嬢もでてるの。ただ印象としてはイーニド役の人(名前知らない)やブシェミの方が断然に強いんだけどね、、、ただ『ロストイントランスレーション』もすごくいい感性の映画なんで観た方がいいと思いますよ〜。
では次回は『ロストントランスレーション』を勝手に評価しちゃいます

今日の映画評価はブシェミ出演作

『レザボア・ドッグス』 …… ★★★★★
『ゴースト・ワールド』 …… ★★★★☆
『ファーゴ』      …… ★★★☆☆
『ビッグ・リボウスキ』 …… ★★★★☆

※ ★☆☆☆☆……超駄作 金と時間かえせ〜!
  ★★☆☆☆……駄作  悪くはないけど、びみょ〜。
  ★★★☆☆……普通  なかなかいい感じ。
  ★★★★☆……名作  いい感じ、みたほうがいいですよ〜
  ★★★★★……超名作 すばらしい。見なきゃそんそん
[PR]

by Kurt. | 2004-05-30 09:09 | Cinema | Top |

BIG FISH   

a0023548_162552.jpgえっと、記念すべき第一回は『BIG FISH』。
『ビッグフィッシュ』はうちが一番好きな監督のティム・バートンの最新作で、彼の最高傑作じゃないかな?って感じです。

彼の主な作品は『ピーウィーの大冒険』『ビートルジュース』『シザーハンズ』『バットマン』『バットマンリターンズ』『エドウッド』『ナイトメアビフォアクリスマス』『マーズアタック』『スリーピーホロー』『猿の惑星』です。
他の映画に関しては後日お話するとして、今日の話題は『BIG FISH
これは今までのティム・バートンにはなかったハッピーな映画で、得意のメルヘンな世界観、ゴスっぽいダークな魔女が出てきたり、身長が5m巨人が出てきたり、摩訶不思議な虚構と現実の世界が展開されてます。過去と違うところは孤独感があまりないっていうところですかね。シザーハンズや、ナイトメア、エドウッド、バットマンもそうなんだけど、周りの人にうけいれてもらえないっていうのがいつものパターンなんだけど、今回は確かに息子に始めは受け入れてもらえないってのがあるけど、誰からも好かれる父親が主役。最期は息子にも受け入れられてハッピーに終わる。今までにないパターン。いつものゴスな雰囲気も大分押さえられてて(ってティム・バートンの妻でヘレナ・ボナム・カーターの存在自体がゴスな気もするけど)癖がなくて誰にでも見れるような映画でした。

この映画の見せ場はやっぱラスト、息子が父親の最期を作って話す時ですね。そのシーンで泣きましたね。ほんとやられました。そのあとの葬式のシーンで虚構の世界だと思われてた人達がみんな来てて、どこまでがほんとで嘘なのか、、、わからなくなりました。ただ一つ疑問。父親から話を聞いているだけで、顔を観たことないはずなのに、葬式でちらっとその人を観ただけで話の人だって気付くのはどうして?って余計なつっこみはおいといて、とにかくこれは超傑作です。観て損はないと思います。ただ一緒に見に行った子は途中で寝てたんで途中眠気に注意です。
P.S.ブシェミの演技に注目!

  評価 …… ★★★★★ ティム・バートンの最高傑作!
[PR]

by Kurt. | 2004-05-29 16:27 | Cinema | Top |

はじめまして〜   

はじめてblogってものをつくってみました〜。DiesUKです。
どうかよろしく。HPも作ったことのない初心者なんで、すこしづつ
いろんなことを覚えて更新していきたいと思います。
このblogでは映画、音楽、本に関して「ああだ」「こうだ」と好き勝手に
うちが思ったことやいいたいことを書き連ねていこうと思ってますので
どうかよろしくです。
[PR]

by Kurt. | 2004-05-29 15:43 | エッセー(日記系) | Top |