ブログトップ | RSS | Blog Top |

<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

| Top |

1人甘味オフ?いえ違います。   

a0023548_2264030.jpg
毎度ながらパティスリーサダハルアオキで買ってきたケーキ。
あけてみたら少し形が崩れてた。まぁ味に影響はないから問題ないけど・・・。
ケーキはおいしかったよ。ただここのミルフィーユは他のには劣るかも・・・。
右のは大きなマカロンにカスタードと抹茶かな?のクリームがはいってて
すごくおいしかった。やっぱり、ここのマカロンは絶品だわ。

それにしてもうちは写真撮るのがほんと下手だね・・・なんかケーキが全然
おいしそうじゃないっていうか、マカロンのほうはお化けみたいでちょっと怖くない?

[PR]

by Kurt. | 2006-08-30 22:52 | エッセー(日記系) | Top |

夢でよかった・・・   

a0023548_23215274.jpg
閉店間際の本屋。ここは自分が働いている店なのだろう。店の前では明日行なわれるIさんの講演会の受付けをIさんの会社の人達でしていた。講演会の定員は500人で、4部制。店側では先着順で、どの回にするかは、選べないという話でやっていたのに、店前の受付けではお客さんにどの回にするかを選ばせていた。しかも店の入り口にパーテーションを立てて、お客さんが店に入るのを妨害し、店をでるには講演会の受付け前を通らないといけないようにしたりと、やりたい放題。

More
[PR]

by Kurt. | 2006-08-30 11:05 | 雑文(創作系) | Top |

ユニクロのくせに生意気すぎる Part.3   

a0023548_1491561.jpg
ユニクロのデザイナーズインビテーションプロジェクトで、一番注目してるデザイナーの方の作品を今日は紹介。コレがユニクロ価格で買えるなんて、ほんと女性はうらやましいと思う今日この頃。自分が女性だったらこんな服着たいなぁとうちは思うなぁ。っていうか背低いからうちもこれ着れるかな?

この作品のデザイナーはニコラス・アンドレアス・タラリスというひとで、ヘルムートラングの元で学びDior hommeで3年間キャリアを積んだということで、デザインにもその雰囲気を存分に感じられる。特にDior hommeからの影響が強い印象で、モノトーンと赤という少ない色彩とシャープな洗練されたデザイン。そして細身のシルエットってほんとDior hommeっぽいんだよなぁ。

モアモアちゃん
[PR]

by Kurt. | 2006-08-27 14:31 | Football | Top |

ユニクロのくせに生意気だぞ Part.2 メンズ編   

a0023548_22495710.jpg

昨日に引き続き、ユニクロのデザイナーズインビテーションプロジェクトの第2弾の紹介。このプロジェクトはレディースだけじゃなくてメンズのものもちゃんとあるんだよ。ってことで9月に発売されるメンズの商品を今日は紹介。

この服をデザインしてるのはキングリーシアタープロダクツっていうブランドのデザイナー2人組。彼らは東コレにインスタレーション形式で参加してるみたいだね。今回のユニクロでのコレクションテーマはマリンルック。冬にマリンルック?ってけっこう意外な感じがするテーマ。マリンルックっていうとやっぱ夏のイメージが大きいから、逆に冬のマリンっていうのも新鮮なのかもね。

More
[PR]

by Kurt. | 2006-08-24 23:51 | Fashion | Top |

ユニクロのくせに生意気だぞ(スネオ風) Part.1   

a0023548_2281456.jpg

上の写真の服(クリックするとちょっとだけ拡大)一見しただけじゃユニクロだなんて思わないよね。実はこれ今年の秋冬にユニクロに行けば買えちゃう商品!あのユニクロがこんなオシャレな服をだすなんて生意気だよね(笑)。しかも値段はユニクロ価格!これはこの秋冬に大注目間違いなし!

上の商品はユニクロが今年の秋冬シーズンに展開する『デザイナーズインビテーションプロジェクト』の最初の商品。このプロジェクトはパリや日本の若手デザイナーを招いて、ユニクロの素材でデザインしてもらおうというもの。7組のデザイナーがデザインした商品が少しずつ全国の店に並ぶことになるということなので、その中からうちがいいなと思ったものを3回に分けて紹介。(っていうのはまだ3組のデザイナーの商品しかわかってないから・・・)

More
[PR]

by Kurt. | 2006-08-23 22:55 | Fashion | Top |

ホワット イズ フツウ   

「第9回トラバでボケましょう」に参加

お題「ごく普通の二人は、ごく普通に出会い、ごく普通に恋に落ち、ごく普通にカップルになりました。でも唯一つだけ普通でなかったのは・・・


二人が新進気鋭の漫才コンビで舞台にたっていたということです。

「うちってそんなに、普通なんかな?会う人会う人に、普通やなっていわれるんやけど・・・」

「そうね、これといった特徴はないし、はたから見れば普通なんじゃない?
 肌は緑だし、口からたまご吐き出すし。体を流れる血は青いもんね。
 そりゃ、どっからどうみても普通でしょ」


「そうそう、口からたまごをな、おえーってなんでやねん!うちはナメック星人か!」

「えっ、違ったんだ?ごめん。てっきりあなたもそうだと思ってた。
 ちなみに私は、あっちじゃポロリ大魔王って名前で通ってんのよ。」


「違ったんだって・・・みればわかるやろ!っていうかあっちってどっちやねん。
 あとポロリ大魔王って・・・ピッコロ大魔王の間違いなんちゃうか?」

「ピッコロじゃないわよ。ポロリよ。それにじゃじゃまるでもないわ。じゃじゃ馬とはよくいわれるけど。」

「じゃじゃ馬な。そりゃ言えてる!って納得してる場合ちゃうわ。うちは君がそんな風に
 呼ばれてるの聞いたことないで」

「ほんと?これでもね、池袋ミントのポロリっていったら、けっこう有名なんだよ。」

「そうなんか?っていうか池袋ミントってなんや?それに、なんでポロリなんて呼ばれてんねん?」

「ミントはわたしが働いてるお店。なんでそう呼ばれてるかって、わたしはあんたと違って胸が大きいから。
 仕事のときわたしは露出の激しい服着ることが多いんだけどね、ふとした拍子に、ポロっとでちゃう
 ことがあるんだよね。だからじゃないかなぁ?」


「胸がなくて、悪かったな。ってうちは男や。胸のふくらみがあるわけないやろ。あったらびっくりや。
 それにしても君のその胸のでかさは、尋常じゃないな。人間じゃないみたいやわ。」

「だから、わたしは人間じゃないって何度もいってるじゃない!確かにわたしは体を少しいじったよ。
 でもそのおかげでたくさん男がよってくるようになったんだからいいじゃない。それにあなたとこうして
 出会えたのもこのおかげでしょ。あなただってこの胸が目当てでわたしとつきあってるんじゃないの?
 違う?それにね、この胸をちらっとみせるだけで、けっこういいお金くれる人がいるんだよね。」


「胸みせるって、なにやってんねん!あっ、それで、ポロリか、へ~納得!って納得ちゃうわ。
 それじゃあ、ただの淫売やないか!そんなことすんのやめえや。」

「ただじゃ、やらせないし、淫売じゃないわよ!みせるのとさわらせるのだけ。それ以上はやらないもん。」

「なに自分安売りしてんねん。それにうちというものがありながら、なんでそんなことするんや。」

「そんなに怒んないでよ。漫才だけじゃ生活できないのよ。それはあなたもよくわかってるでしょ?」

「それはそうやけどな、でも他にもお金稼ぐ方法はいくらでもあるやないか。」

「ほかにどんな方法があるのよ。わたしは楽して稼ぎたいし、この容姿を生かしたいの」

「普通にそこいらでバイトしたらいいやないか。バイトなんて普通どこでもできるやろ。」

「普通・普通ってさ、いったい普通ってなんなのよ?」

「普通は普通やろ。」

「答えになってないじゃない。普通ってどういうことか教えてよ?」

「普通ってのはな、星がいっぱいあるとこや。ほらみてみきれいやで。まぁ君にはかなわんけどな。」

「なにいってんのよ、もう!それに、それは宇宙でしょ。違うわよ。
 普通ってのはね、モールス信号の一種よ。こうやってね、、トン、トン・・・」


「ツー・ツー・ト・トン・ツー!ってちゃうやろ。そうやなくて、東京競馬場があるとこちゃうか?」

「それは府中!あなた競馬好きなの?ってそれも違うわよ。きっとかまやつさんの愛称のことね。」

「それはムシューや!いやムッシュか、まぁどっちでもええわ。電話がつながらない状態は?」

「プー・プーって不通ね、またあとでかけなおそっと。って、なにやらせるのよ。足に履くものことは?」

「それは靴、って馬鹿にしてるんか!ちゃうわ。東北地方の昔の呼び名やろ?」

「それは陸奥。ってわたしそんなことよく知ってるな。そうじゃなくて、将棋の二歩を英語にしたものよ。」

「歩ツーってそりゃ、無理ありすぎや!じゃあこうやって銃を君に向けてな、こうやって引き金を引いて」
 
「撃つってなんで、銃をあたしのほうに向けるわけ?信じらんない。もうあなたとは何もやる気がしないわ。」

「それも鬱やな。響きは一緒やけどちゃうわ。そんなに怒るなや。ほな、こういうことは?チュ!」

「やめてよ!なに公衆の面前で、いきなりキスしてんの?恥ずかしいじゃない。」

「いいから。これをもっと激しくすればいいんやって!」

「だから、やめてって・・・なに?それは、ブチュッっていいたいわけ?意味わからないわよ。
 ちょっと、わたし頭痛くなってクラクラしてきたわ。休んでいいかしら?」


「それは頭痛や!って大丈夫か?おい。ここ座っとき。今、冷たいもの買ってくるさかいに待っとってな。
 それにしても、普通っていったいなんなんやろか?ほんまわからへんわ。」

「わたし、なんとなくわかった気がするな。きっとあなたと一緒にいる状態のことよ。間違いないわ」

「なに?それはうちといると苦痛だっていいたいんか?」

「違うわよ。わからないの?私はあなたのやさしさと、キスのうまさにメロメロなの。わかる?」

「わからへんよ。どういうことや?」

「だからね、わたしはあなたに夢中なのよ!」

「夢中ちゃうよ。うちがいってるのは普通やって!」

「普通なんて、もうどうでもいいでしょ。ねっ!もう一回キスして!
 あなたがさっき言ったこれがきっと普通なのよ。そういうことにしときましょ。だから、ねっ。ブチュッ。」


「おい・・・恥ずかしいんじゃなかったんか・・・こんなとこで・・・ダメやって・・・あっ・・そ・そこは・・・ダ・メ・・・」

テンプレ &編集後記
[PR]

by Kurt. | 2006-08-20 00:14 | 企画物(ネタ系) | Top |

2006-07 AW これからの流行色はこれ!    

a0023548_21402331.jpg流行色っていうのは一部の人たちによって決められているっていうのは知ってた?今年の流行色は、今から2年前にインターカラー(国際流行色委員会)というところが提案して、それを元に、日本でJAFCA(日本ファッション協会 流行色情報センター)っていうとこが1年半前にはすでに決定してるもの。その決定された2006-07シーズンの流行色を今日は紹介。まずはメンズから。

左にあるのが今年の秋冬、メンズの流行色として提案されているもの。カラーテーマはA Foggy Day 霧深き日
基本はモノトーンカラーって感じだね。グレーや黒に近い緑とかネイビーなどの、スモーキーカラーが中心。モノトーンでまとめるのが今年はいい感じみたいだよ。カラーイメージは3つあって、霧の町、都会の温もり、見知らぬ街だって。この言葉から連想されるものは・・・ロンドン!といえばうちの第2の故郷!ってことはこれはうちの時代って感じ?(笑)

a0023548_21475020.jpgさて次はレディースの流行色いってみよう!レディースのカラーテーマはAurasオーラ - 包まれて、きわだつってことで、性の内面から放射されて女性を美しくきわだたせて見せてくれるオーラにイメージを求め、それぞれ異なるオーラの色を4つのグループにして表現してるんだって。カラーイメージは
・Graceful Reds 淑(しと)やかな赤系カラー
・Subtle Gray-nuance 微妙なグレーニュアンス
・Mental Blues 精神的なブルー
・Vigorous Contrast 元気のよいアクセントカラー

の4つ。右の画像を見てもわかるように、メンズ同様レディースもスモーキーカラーが今年の流行で、その中でも赤系(ワイン)や青系(ダークネイビー)が注目色だね。個人的にオススメな色はヴィンテージ(写真右、最上段左から2番目)とマジェスティ(3段目の左から2番目)だね。なんか高貴な雰囲気が漂ってて素敵。

ってことで、今年の秋冬はこんな色が街中に溢れることになりそうだよ。まだ夏真っ盛りだけど、服屋にはもう秋冬物が並び始めてるはず。この色を参考に秋冬のコーディネートなんかを考えて、服を見てみては?
[PR]

by Kurt. | 2006-08-17 22:10 | Fashion | Top |

交響詩篇エウレカセブン Boy meets Girl   

a0023548_12424484.jpgいまさらだけど、『交響詩篇 エウレカセブン』はいいアニメだねぇ。っていうのはエウレカの1話~40話までを(全50話なんだけど・・・)GyaOが無料で放送してて、(21日まで)この間の日曜日やることがなかったから、みはじめたら、これがほんといいアニメでさ、はまっちゃって4日で無料で見れる40話を全部みて、残りの10話も今日DVD借りてきてみちゃった。いや~ほんと最後のほうは、登場人物に感情移入しちゃってさ、1人アニメしながら号泣してたよ。ってアニメで泣く自分っていったい・・・でもこれほんといいアニメなんだよ。

このエウレカを作ってるのはBONESって、うちが一目置くアニメ制作会社でね、ここの作るオリジナルのアニメはほんとレベルが高いの。代表作は『カウボーイビバップ』に『ウルフズレイン』そしてこの『エウレカセブン』と、BONESオリジナルのアニメには外れがないってのがうちの中の定番。(あと『ラーゼフォン』ってのもあるけど、これはみてない)しかも外注のアニメも『鋼の錬金術師』と評価の高い作品を作ってるからすごいと思う。うちは『カウボーイビバップ』でBONESを知ったんだけど、このオープニングみてやられた~って感じになったんだよね。

BONESの制作するアニメって、ストーリーとかももちろんなんだけど、音楽がほんとにいい。カウボーイビバップのオープニングもそうだけど、エウレカも音楽面ではかなり充実してる。中でも印象的なのはSUPERCARの『STORYWRITER』って曲。このアニメ見ててこの曲が流れるときは大抵泣いてる(笑)曲もほんと素敵で、今の季節にはぴったりな感じの爽快な曲なんだ。他にもエウレカには電グルをはじめとした打ち込み系のアーティストがたくさん曲を提供してたりしてるから、いいんだよね。あとね、制作者が音楽にこだわってるっていうのがよくわかるのは、エウレカの1話ごとのタイトルがほとんど音楽の曲の題名からとってるってとこからもうかがえる。といってもうちがわかったのはごく一部なんだけどね・・・。

アニメのほうはというと。すごく王道なロボットアニメで、ガンダムの系譜をひいてて、お約束な展開もわざと多いんだけど、そんなアニメの一番のテーマはBoy meets Girlなんだろうなって観てて感じる。物語を動かす大きな流れは別にあっても、みてて心に残るのは、少年の少女に対する気持ち。なんか恋っていいよねって思えるし、そういうとこで泣けちゃう。少年がささやかなことで一喜一憂したりしてるとこ見てると、懐かしいような、恥ずかしいようなむずがゆい感じがするんだけど、でもそういうのみてると胸が熱くなったりしてさ。誰でも一度は通った少年、少女時代の恋心。その懐かしさっていうのがこのアニメの一番の魅力だと思う。いや~いいアニメをほんとみさせてもらったわ。
[PR]

by Kurt. | 2006-08-16 13:28 | エッセー(日記系) | Top |

雷落ちたよ、夢の中で   

夢の中で聞いたものすごい爆音で夜中に一度目が覚めた。そのときみた夢というのは、自分が
いるすぐ近く森に雷が落ちて、落ちた木の破片が自分のほうに向かってとんでくるという夢。しか
も木は燃えだし、近くにいた人は逃げ惑ってるし、まさに地獄絵巻って感じですさまじかった。

しかもその破片が自分にぶつかってくる感覚がリアルに残ってて、音そのものよりも、その感覚
に驚いて起きたっていう感じなんよね。もちろん夢だから起きて自分の身の回りを確かめても何
もない。それにしても夢の中で音ってするものなのかな?ほんと雷が落ちるときの雰囲気が再
現されてて、しかも近くに落ちたんで、雷がピカッと光ると同時にバリバリバリ、ドカーンって音が
聞こえるの。ほんとね、夢って感じじゃなかったんだよなぁ。これって何かの暗示?なわけないか・・・

[PR]

by Kurt. | 2006-08-13 09:20 | エッセー(日記系) | Top |

ネクタイ到着!コーディネートはこんな感じ   

a0023548_0253456.jpg
トルソーにネクタイとシャツ、
ジャケットを着せてみたよ。
こんな感じで着る予定だけど・・・。
これレディースのトルソーなんで、
ちょっと雰囲気が違うかも・・・
あと写真がぼやけてて、
なんか幻想的な雰囲気だね。

ただネクタイの色が想像してたのと
ちょっと違ったのが残念。
ピンクの色味はいいんだけど、
中の模様の色が生成りだったの。
もっと白っぽいほうが
よかったんだけどなぁ・・・

でも、ピンクのネクタイゲットできたし
これで、クレリックのもうちょい派手な
ストライプのものも買えるね。
白系のネクタイもあるといいかもなぁ。
って次から次と欲しいものが出てきて
ほんとにもう大変!


[PR]

by Kurt. | 2006-08-12 00:25 | エッセー(日記系) | Top |