ブログトップ | RSS | Blog Top |

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

| Top |

手巻き寿司大会   

a0023548_21145849.jpg

バントさん宅にいって手巻き寿司を食べてきたよ。夜通しゲームして、談笑して、作って、
食べて、飲んでと楽しい夜だったなぁ。こうやってたくさんの人で人の家に集まって
過ごすのは楽しくて好き。手巻き寿司では米が足らなかったり、お菓子は大量に余ったり、
なっちょこさんがつくったパイがおいしかったり、ねんそこが一時的に流行語になったり、
エディットで作ったネンソが日本代表で活躍したけど、なかなかカズダンスを踊ってくれ
なかったりといろいろあっておもしろかったわ。

[PR]

by Kurt. | 2007-02-25 21:14 | エッセー(日記系) | Top |

ディパーテッド   

なかなか観にいけなかったディパーテッドをようやく今日、観る事ができた。原作の
インファイナルアフェアは観たことなかったけど、スコセッシが撮るマフィア物ってことで
かなり期待をして観に行ったら、これが大当たり。今年見た映画の中では、(まだ6作しか
観に行ってないけど)1番の面白さ。上映時間がけっこう長かったのに、長さもまったく
気にならず、あっという間に終わってしまった感じ。脚本もよかったし、音楽も最高によくて
この映画なら文句なしでスコセッシに初のアカデミー賞をとらせてもあげてもいいんじゃ
ないかなぁとか思ったり・・・。

まずなにがよかったかって、ディカプリオの成長ぶりね。ってお前何様って感じだけど、
ディカプリオってずっと幼い雰囲気が残ってて、がたいがよくても、童顔なとこがあって、
ギャング・オブ・ニューヨークとか、アビエイターとかは、なんか違和感があったんだよね。
でもこの映画ではそれがなくなってて、やっと童顔のイメージがぬけたかな?って感じ。

ギルバートグレイブのディカプリオを知ってる人なら、彼はもともとすごい演技力の持ち主
だってことは知ってるはずだし、やっとタイタニックの呪縛から逃れられたんじゃないかと、
うちは思った。だからこそアカデミー賞で主演男優賞ノミネートは納得って感じ。彼の狂気な
演技はこの映画の見所のひとつ。 でもそれより印象的なのはジャック・ニコルソン。
彼にこういう狂気的な人物を演じさせたら右に出るものはいないよね。シャイニングを
彷彿とさせる狂った演技は、ほんと怖い。

あと、この映画ちょっと痛いから、そういうのが苦手な人にはオススメできないな。ピストルの
音もやたら大きくてかなり心臓には悪かったな。ストーリー上で気になったことがひとつ。
精神科医の女性、尻軽すぎじゃない?1度だけの浮気だけどさ、でもねぇ、なんかああいうの
個人的に好きじゃないな。ってストーリーとはあまり関係ないんだけど・・・。

でもほんと、すごくいい映画だったわ~。こんなに満足度の高い映画を見たのは久しぶりって
感じ。まだ観てない人はぜひとも観てほしい作品だよ。
[PR]

by Kurt. | 2007-02-18 22:52 | Cinema | Top |

となり町戦争   

a0023548_2044523.jpg
うちの本のパトロンから招待券をもらったので、観に行った映画。となり町戦争
一言でいうと駄作。なんだこの映画?特に前半部分。だらーっとした雰囲気に
中途半端なユーモア。監督の自己満か?って感じがみてとれて、はじめの20分
くらいでかなりイラっときて、彼女と一緒じゃなきゃ、途中で映画館出てたな。

まぁ後半になるにつれて、映画っぽくなって、最終的にはまぁまぁかっていう感じには
おちついたけど、前半部分で観る気をなくす。なんかこういうことしたら面白いんじゃない?
って監督が思ったことを、いろいろやってたみたいで、意味不明のとこで、スローに
なってみたり、変な効果音使ってみたり、いろいろ実験してる風なカットとかがいっぱい
あるんだけど、どれもこれもやってることが、全部つまらないし、余計だったわ。

後半は小説同様、戦争っていうものが身近になり、そしてリアルになってきて、よい感じに
なってきたのだけど、やっぱり通例どおり、原作を読んだ映画は見に行っちゃいかんね。
がっかりするだけ、今回はほんとそれを痛感したわ。俳優はみんなよかったんだけどね、
きっと監督がいかんのだと思う。原作がほんとにいいだけにこの映画は残念でならないわ。
この映画で、となり町戦争を判断されちゃあ、困るよね。原作はこの映画の100倍は
面白いので、この映画でがっかりした人もぜひ読んでみてください。

[PR]

by Kurt. | 2007-02-18 20:44 | Cinema | Top |

疲れたときは   

a0023548_2131717.jpg

甘いものに限るということで、ストロベリーフェスタがやってる大丸の、
ホテル西洋銀座ってとこで買ったミルフィーユ。しか~~~~し!
悲しいことに満足度はあまり高くなかった。だってパイの部分が
しなしなだったんだもん。パリパリのミルフィーユを期待してたので、
正直・・・がっかりだよ!(桜塚やっくん風ってやっくんって何者?)

[PR]

by Kurt. | 2007-02-15 21:03 | エッセー(日記系) | Top |

はっとしたハット   

a0023548_2355424.jpg

モッズの定番ブランド、フレッドペリーで帽子を買ってきた。
前々からネットで目をつけてたものが、店に行ったら半額。
これは買わねばということで、完全なる衝動買いなんだけど、即買い。
満足度が高いからいいかと自分では納得してる。

写真はかぶったとこ。レアな顔出しだったりして?
[PR]

by Kurt. | 2007-02-12 23:55 | エッセー(日記系) | Top |

読書録 1月   

赤朽葉家の伝説 / 桜庭一樹 ★3.5
感想はこちらに

四畳半神話大系 / 森見登美彦 ★3.5
夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦 ★5
太陽の塔、四畳半神話大系、そして夜は短し歩けよ乙女で、妄想3部作完結?どれを読んでも
モリミーワールドにはまること間違いなし。うちは夜は短しを本屋大賞の1位に押すことはすでに
決定済み。彼のブログもかなり面白いので、必見。

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 (上)(下) / 皆川ゆか ★4
ガンダム好きの人は必読。これ読んでガンダムを見るとそういうことだったのか~とか、裏のこと
もよくわかる。やっぱアムロよりシャアのほうがいいね。赤はうちのパーソナルカラーだし好きだし。
関係ないけど、シャアの名前の元となってるシャルル・アズブールが現在来日中。

九十九十九 / 舞城王太郎 ★4
舞城といったらやはりこの作品。考えて読んではなりませぬ。この世界観を享受するのです。
つまりはDon't think Feeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeel!ってことで。

陰日向に咲く / 劇団ひとり ★3.5
正直劇団ひとりってすきじゃないんだよね。でもこの小説はなかなかよい。この人は文章が
ほんとにうまい。前半の作品にはちょっと涙腺がやられたけど、後半はちょっとな、悪くは
ないのだけど、前半がよすぎるからか物足りない感じ。本屋大賞にノミネートされてるけど
これがとるのはいやだな。

鴨川ホルモー / 万城目学 ★3.5
こちらも本屋大賞ノミネートっていうことで、買ってみた作品。可もなく不可もなくって感じで
何でこれがノミネートされてるんだろ?って感じ。この人とモリミーがともに京大卒で舞台も
京都。プチ京都ブーム到来の予感?
[PR]

by Kurt. | 2007-02-05 20:28 | Books | Top |