ブログトップ | RSS | Blog Top |

<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

| Top |

9月の読書録。   

恒例の1ヶ月で読んだ本の一覧。たくさん読んだような気がするけど、 前半に読んだ
本の記憶がない。I LOVE YOUは伊坂さんのと中村航さんの しか読んでないような
気もするけど、きっと気のせいだと思う。

悪魔が来りて笛を吹く / 横溝正史 ☆4 セットで斜陽もどうぞ
あなたがここにいて欲しい/ 中村航 ☆4 夏休みが読みたくなる
夏休み / 中村航 ☆3 吉田君憎めません。でもこんな妻たちは嫌だ。
I LOVE YOU / アンソロジー ☆3 文庫より単行本のほうがよいものもあります。
斜陽 / 太宰治 ☆4.5  この本古典的名作では一番好きです。
スタバではグランデを買え! / 吉本佳生 ☆3 価格に関しての経済書。勉強になります。
淳之介流 / 村松 友視 ☆3  吉行淳之介の本読んだことないんだけどね。
スカイ・クロラ / 森博嗣 ☆5  この本を知らなかったことでどれだけ人生損してたか
ナ・バ・テア / 森博嗣 ☆4  スカイクロラ第2弾だけど、これがシリーズのスタート
有頂天家族 / 森見登美彦 ☆5  森見さんは天才。夜は短しより面白い。
ダウン・ツ・ヘヴン / 森博嗣 ☆4  このシリーズハズレなし。スイトに惚れる。

全部で11冊。だいたい月10冊ってのが平均的なとこらしい。『スカイ・クロラ』のシリーズは
読んだことない人は読むべし。これを読んだことないなんて人生損してると思う。押井さんの
映画は楽しみだけど、イメージ崩さないでほしい。恋愛映画とか言ってたから全くの別物だと
思うけど・・・。

『I LOVE YOU』の伊坂さんの短編「透明ポーラーベア」は文庫版は単行本から大幅に
削られてる部分があるのでかなり残念なところ。中田永一は乙一。これもまたよい。

『あなたがここにいて欲しい』と、『夏休み』はセットで読むことを オススメしたい。『斜陽』は
『悪魔が来たりて笛を吹く』を読んで 読みたくなったんで、こっちもセットで読むとよいかも。

『有頂天家族』は森見さん最高傑作じゃないかな?夜は短しの斜め上をかるく超えて
いってしまった。最後の初詣のシーンはとても幸福を感じるいい場面だね。好きだわ。

いや~、先月はいい小説がたくさん読めた。かなりの当たり月だったかもしれないわ。
[PR]

by Kurt. | 2007-10-11 23:54 | Books | Top |

大阪→京都旅行記 覚え書3   

また間が開いちゃったけど、京都旅行記完結編。これといってオチはないのであしからず。
a0023548_23301688.jpga0023548_23303081.jpg

銀閣寺を後にしたらもちろん歩くは哲学の道。平日ってこともあり観光客もそんなに
いなかったんで、ものすごく静かでいい雰囲気だった。前をずっと歩いてる20代前半くらいの
一人旅(をしてるであろう)女の子に声をかけたい衝動に駆られたものの、そんな勇気が
あるわけもなく、少し早足で歩いて追い抜いて、南禅寺まで歩く。京都行くたび歩いてるけど、
けっこう遠いよね。途中で焼き八橋を売ってるお店で八橋買って食べながら歩くのがいつもの
パターン。

で、南禅寺到着。すでに足は棒って感じだったので、橋だけ見てもういいやって感じで
市街地へ戻る。お土産を買いに四条河原町の漬物屋に。千枚漬けがまだ売ってないと
いう悲しき事態。仕方なく適当な漬物買って京都駅へ。京都駅では伊勢丹の地下で
千枚付けと、これまた京都の定番、中村藤吉本店の抹チョコレートを購入。旅行で
何に金がかかってるかみたらお土産に一番金がかかってた気がする。

ってな感じで、京都旅行も終了。帰りはがらがらの新幹線に乗りながら寝て帰ろうと
思ってたんだけど、30分くらい寝たら目が覚めてしまったので京都で買った『有頂天家族』を
読みながら帰る。家に帰るまでにほぼ8割読み終わってしまった。舞台がちょうど歩いたところ
周辺なんで情景が目に浮かんでよかったわ。
[PR]

by Kurt. | 2007-10-11 23:30 | エッセー(日記系) | Top |

大阪→京都旅行記 覚え書2   

ブログ放置しすぎ、反省しております。そんなこんなでだいぶたってしまいましたが
この間の旅行の続き。京都編。

大阪を出たのが夜の6時過ぎ。夕飯大阪で食べようと思ってたんだけど、一人じゃ
あまりに心細かったために、電車で京都に帰る。ちょうど帰宅ラッシュだったんで
電車が込んでること。旅行で満員電車ってそれはないよなぁ~。と思いながら
揺られて京都に到着。とりあえず一度ホテルへ。ビジネスホテルのようなとこなので
部屋の広さとかは全く期待できなかったんだけど、なぜかシングルではなく、ダブルの
部屋に入れてもらえました(料金はシングルなんだけど・・・)ベッドが広くてラッキー。
ってことで少し休憩したあと、飯を食いにでかけます。

いったのは木屋町にあるカレーうどん屋。せっかく京都行ったんだからもっとちゃんと
したとこで食べればいいのに、一人だとやっぱり心細い小心者です。食べた後は
先斗町の雰囲気を眺め、夜は短し歩けよ乙女のイメージを頭に刻み込んでから
鴨川の河川敷に降りて歩いて帰る。夜の鴨川の河川敷はカップルによる鴨川等間隔の
法則が見事に成り立っていて。余計に心の傷を広げる始末。っていうか外でやってんじゃ
ねーよ。っていう阿呆もいましたがまぁそのへんはおいといて。四条から京都駅って
かなり遠いのね。ホテルに着いたらあまりに疲れすぎてぐったり。お風呂に入って
すぐに就寝。

朝は前に泊まったであろう人がセットした目覚ましによって予定より1時間も早く目を
覚ます羽目になるというトラップもあったけど、結果としては早くから行動できたんで
よかった。朝食は食べずにチェックアウトしていざ京都観光へ。
a0023548_23155221.jpga0023548_2316566.jpga0023548_23161660.jpga0023548_23162876.jpg

まずは東寺に向かいます。ここで少し遠回りをしてだいぶ足を使ってしまったことを
軽く後悔。ここの立体曼荼羅好きなのです。ただやたらとしゃべっている観光客が
うるさくていらっとしたので、あまりのんびり見ることなく、次の目的地へ。とりあえず
清水に行こう。ってことでバスで清水寺へ。えーと。ここは修学旅行客(小学生)が
やたらいっぱいいて、みるどころじゃなかった。ということで、ほとんど通り抜けただけで
二年坂・産寧坂へ。ここで朝飯をとか思ってたんだけど、次にぎをん小森にいこうと
思ってたんで、いいやってことで、これまた通り抜ける。これといって欲しいものが
なかったのだよねぇ。荷物増えるのもいやだったし・・・。

ってなことで、ぎをん小森。ここの静かさには癒されますなぁ。小森抹茶ババロアパフェを
食べる男一人。どうなんだろう?だいぶ微妙な気がする。まぁ、気にせずゆったりと時間を
過ごして、次は金閣寺へ。金閣寺遠いんだね。バスで30分以上かかった気がする。
あいかわらずよく光ってるなぁ。でもここのよさはいまいちよくわからん。後ろを歩いてた
おばちゃんが、ここと比べたら銀閣寺なんてひどいわよ。あんなぼろいの見るだけ無駄。
とかいってるのを聞いて、わびさびもわからないようなやつが京都に来るな!と叫んで
やりたい衝動に駆られましたが、そこは大人の対応。なるべくそいつらの声が聞こえない
ように、その集団と距離をとります。次はいつもなら竜安寺なんだけど、今回はパス。
そんなこんなでもう少し話は続きます。
[PR]

by Kurt. | 2007-10-08 23:31 | エッセー(日記系) | Top |

大阪→京都旅行記 覚え書1   

ごきげんよう。おひさしぶり。(せせらぎは関係ありません)先日、1泊2日でいった
大阪、京都旅行の覚え書です。だらだらと思いつくままに書いていきます。
a0023548_23375799.jpga0023548_2338161.jpga0023548_23382782.jpg

まずは大阪編。新幹線の切符は京都駅までしか買ってなかったので、そこからは京阪線の
新快速っていうのに乗って大阪へ。新大阪駅で降りてそこから地下鉄の御堂筋線ってのに
乗ってとりあえず、なんばまで行きました。正直なところ大阪には全く目的もなく、とりあえず
行ったことないからいってみようっていう感じだったので1人で行くにはちょっと退屈だったかな。

というか、ほんと極度の寂しがり屋なので、大阪の人が怖くて怖くて。特に道頓堀にいた
そっち系の人の集団を目の当たりにして。これは無理って思って道頓堀でたこ焼き食べて
ささっと、どこかへいこうと思ったけど、やることなくなったのでmixiで安価とかやっていった
のが右の写真のお店パティシエコーイチ。そこで人気だというチョコレートアーモンドムース
を食べた後、心斎橋のおしゃれな服屋を軽く眺めたあと京都に退散。

その前に梅田の紀伊国屋を偵察したんだった。よく版元さんが梅田の紀伊国屋を引き合いに
出すんでどんなお店なのかちょっと興味があったんだよね。ワンフロアですごい広いんだね。
ただ商品の量とか(特に文庫とかは)ちょっと物足りない印象。何より買おうと思ってた文庫が
売ってなくて残念だったわ。大阪弁の女性と少し話をしてみたかったので、本の問い合わせを
しようと思ってたけど、なんか殺伐とした雰囲気だったので声をかけられなかった。これは自分も
気をつけないとと、少し反省。

滞在時間があまり長くなかったけど、今度大阪に行く際はぜひとも誰か、案内をお願いします。
ただ大阪弁を話してる女子高生とか新鮮でかわいかったんで、今度は大阪弁の女性と話が
してみたいです。ってなんか飢えすぎな感がですぎだな。いかんいかん。
[PR]

by Kurt. | 2007-10-01 23:49 | エッセー(日記系) | Top |